お腹の微生物ちゃんが生かしてくれる・・

先週末、店番しつつやっと打ち込んでアップ!ってとこでお客が入ってきて話しかけた。急いだら操作ミスで消しちゃった。クソー、お客の来店があと1分遅ければ、、なんか思ったけど、ま、必然、アップ不要ってことやね。でやっとここに来て書けましてん。。
と言うのも、今週末はガンの人やら重病人がやたら来て、ガンが3人と肝硬変で腎も悪くて腹水が溜まってる人、本人気づいてないけど重病って感じの人、マクロやっててもかなりな毒で話してるとこっちの足が冷たくなる人・・。もうみんなみんな毒だらけ。昔はこんなんじゃなかった。
考えれば、フツーに食べてれば必ず病気になれる時代。ど~ゆうことかと言えば、加工調味料の食卓、市販のパンやらスーパーの惣菜、霜降り用につくられた人工授精の牛の肉、、そんなんで味覚が狂う。その味覚でおいしいもん選んで食べて、、具合悪けりゃ薬だもん。毒は溜まる一方だし、最近はほっそり型があんまいなくて、、特に若い女子、顔がポチャっとしてて弛んだ感じ。心身ともになんか弱そう。
で、何人の毒受けしたかわかんない。ま、浄化力がアップしたから寝込まないけど、、みんな元気になった!とか言って帰るけど、、こちとらはヤバイっす。月曜はいつも顔が黄色くなってて肝臓がやられてる。肝硬変の人があれこれ聞くので1時間はしゃべったかな。なので今回はひどかった。翌日はあれれ、って目が見えない。本がボヤケちゃってて、、今日はまた復活したけど、、
みんな不安なんやね。で、その人たちの特徴は、必死で治そうとしてる。ってそりゃ当たり前のことなんだけど、誰かが治してくれると思ってる。だから聞きに来る。カラダを見ないで外ばっか見てる。それじゃさらに退化しちゃうわけで。まずは内臓の毒だしして、特に腸が健康になんなきゃ話になんない。これは玄米菜食でもダメ。ワタシは何度も書いてるけど、凄まじい胃腸の毒出しで吐きに吐いた。で、やっとわかってきた。「ああ、お腹の中がきれいになれば人工毒を嫌う菌が増えるんだ!」って。
で、そうなると自然と抗酸化食になるし、カラダで酸化物もわかってくる。発酵食品も吐くし、あんなしょっぱい梅干はとうてい食べられない。昔はタクアンに梅干は常食だったのに・・。それと発酵食品がいいって言うけれど、発酵は酸化、それはお腹が健康じゃない人は欲しくなるし必要なのかな。あくまで新鮮なものがいいよね。
細菌や微生物はお腹で生まれるわけで(千島学説の食塊から手足が出て血球や菌の自然発生)、、お腹の菌と外から入れたのは違うわけよ。おかしな菌はお腹の微生物ちゃんがやたら騒ぐ。「もう、任せなさいよ!そーゆうの入れないでよ~!!」みたいに。で繰り返すうちに、「そっか!カラダってこーゆうもんなのね!」って理解できて行くんよ。
カラダはそーゆう生き物が守ってくれてるし、毒に敏感に反応して吐かせてくれる。もち、毒の浄化だってしてくれてるし悪い菌は追い出してくれる。だから薬は血球や菌の材料じゃないし、逆にせっかく増えたいい菌を殺しちゃう。そんで免疫力のないカラダになる。薬で治そうとしてどんどんカラダはダメになるってことなんよ。なのでうちらがすることは、なるべく微生物ちゃんの負担にならないようカラダを大事に、省エネ運転になるよーに協力することなんよ。。
きのう夕食、たまにはホタテのおさしみでも、って買ったんだけど口に入れたら生臭い。少し食べてあとは焼いちゃったんだけど、やめよう!って思っても食べちゃうわけよ。これって麻薬中毒みたいなもんで、目とゆーかアタマが食べたいわけよ。カラダはやめろ!つってんのに・・。途中ですぐにお腹が大騒ぎ。そーゆう時ってお腹に中で悪いもんがボールみたいに固まってる。で、いいもんはそのまま腸に行っちゃうわけよ。
「ごめんなちゃい!」ってことですぐに吐いた。こりゃぁフツーなら食中毒やん、てくらいお腹がシクシクしてきたので、お湯にシナモン&ハチミツ&生ショウガを擦って入れて飲んだ。
で、すぐに全快っす。その後、フツーにこの野菜の蒸し煮を食べてお終いに。野菜を並べモロヘイヤを山盛りのせて蒸す。味付けないで生姜醤油で戴く。「もう海の生ものは気をつけよう、最近は汚染でやたら悪い菌が繁殖してるし、、」って自分に言い聞かせる。でもまた食べるんよ。ま、時期が来れば食も自然と変わりますしね。食はお腹の微生物ちゃんに指導されつつ変わるわけで。。ちなみに微生物ちゃんが喜ぶのは新鮮な生野菜やフルーツやね。
結局、先週末に来た人も、長い間の生活習慣で毒を溜めて来て、一刻も早く治そうとしてる。「治そうじゃなく、治る力に感謝しよーよ!」なんか言っても意味わかんない。医学常識がこびりついてて話しても毒受けするだけでムダ。だけど話すっきゃないわけで、、「自然のカラダ無視がそうなっちゃったわけでしょ。治る力を大事にしなきゃぁ、とにかく食を正して薬をやめて、、したらそのうち治りますから・・。」って言うんだけど、帰りに「それで何に気をつければいいでしょ!」、、なんて???もう誰か助けて~~!!、、って世界。。
しかし、、これだけ医学が進んで?これだけ医者がいて、病人が増えてる。一方で医者に頼らず食事療法なんかやった人が元気になってる。最近は、薬は良くない、ガン治療で入院したら死ぬ、ってなんとなく感じてる人も多くなってきた。なのに、わかってても恐怖で同じ道を歩いちゃう。。毒が溜まると毒に鈍感になってしまう。怖いです。デトしてお腹の微生物ちゃんが選ぶ食で生かしてもらう、、これがまず先決やね。

この日記にコメントする

お腹の微生物ちゃんが生かしてくれる・・」のコメント(4)

  1. グリ祐 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いそじさん、こんにちは(^^)
    冷えとり、たかだか2年目の私が、生菜食に挑戦し、その結果といえば体と生活のリズムを壊すはめに…悪臭を伴った水様便が続き、仕事も休まざる終えない始末。はぁ…私ってば、何やってんだか。もう一度、しっかり進藤先生のご本読んで、よそ見せず、地道に冷えとりの生活に戻ろうと思います。
    (この書き込みも、ヨレヨレになりながらでございました…はぁ。。。)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    グリさんおはようございます!
    生菜食、最高じゃないですか!ワタシは仮歯で生野菜がバリバリ噛めないので蒸してますけど、、青菜ジュースも飲んでますよ。
    毒だしがすすみ、今じゃ生青菜が一番好きなカラダになりました。
    「悪臭を伴った水様便が続き」って正に毒出しで喜ぶことですよね、生菜食だから出たんです!野菜は血になっても下痢にはなりません。悪いものが出たんですね。その辺、あくまでもカラダと向き合ってください。そして症状はすべて毒だしと喜ぶことです。
    本格的に毒が出てくれば、仕事への影響も出ます。でも本来のカラダの還ることが大事ですよね。ガンバ!!

  3. グリ祐 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いそじさん、そうなんですね!こんなに体がヨレヨレになってしまって、一体私はどーなってしまったんだろうか…と思ったのですけど。それにお腹に水が溜まって痛くて、グルグル動く音なんかがもうリアルに聞こえて、こんなにたくさんの水分がどこから出てくるのか、とちょっと怖くなるくらいだったのですけど、でも「臭い水様便まさしく毒出し!」と、心配ゼロで喜べばよかったのですね!!食欲がなく寝たきりでトイレにもいかず丸一日以上眠っていた時、ふっと、いそじさんのものすごい毒出し体験が頭をよぎりました。私は3日ほで毒出しが落ち着いた感じですが、いそじさんは丸5日間飲まず食わずだったのですよね…ほんとすごい毒出しだったんだと改めて思いました。
    はい。ちゃんと自分の体と向き合っていきます。
    いつも的確なアドバイスをどうもありがとうございます(^0^)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    瞑眩はキリなく出てきます。気持ちは辛くてヨレヨレでもカラダの中はきれいになっています。それを何年か越えて、やっといろんなことがカラダでわかります。食もそうです。
    でも、悪いもんは避け、今のレベルでおいしく食べてればいいかと思いますよ。生菜食に挑戦!じゃなく、自然に食べたくなりますからね。背伸びせず、重ね履きしてお任せでいいんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する日記

PAGE TOP