いそじ食で伝えたいこと・・その2

さてと、、前回に続いてその2を書きますね。

タイムリーにこちらの著書も入ったので読んでみてください。ていうか読まなきゃ損!です。良い油、悪い油、元気になる食事術について書かれています。

 

その内容は..「日本ではまだ悪い油は野放し状態、植物油は過熱時に非常に強い毒が発生し、細胞はその毒で攻撃されてガンや心臓病や動脈硬化やアルツハイマーやうつなど、多くの病気を引き起こす、チョコや菓子類など悪い糖質をとり続けると本来のカラダの働きが乱れ、そこから抜け出すのが難しくなり心身も乱れて病気を引き起こす、良い油や炭水化物は野菜、芋類、にも含まれる、精製したパンや麺類などの炭水化物はやめること、日本人はマグロやカジキなど水銀量が多い魚を食べすぎている、」など、参考になることがたくさん書かれています。また良い油は良い細胞を作り心臓病や動脈硬化や血栓の予防になり、腸壁の毒を流してくれるので積極的にとるべきとも書かれています。

 

良質の油とは..飽和脂肪酸のバター、ギー、ラード、ココナツオイルのことです。これらは加熱しても酸化せずに毒も発生しないので調理に使用すべきともこの本には書かれています。こういったことは毒出しが進んだカラダならわかるんですね、ですから私も何年も前からそれを書いてるわけですが、なかなかその重要さが伝わってないようです。日本の健康への認識はかなり遅れています。また悪い油や酸化物にカラダが反応しないということは怖いことです。まして悪い油は長いことカラダに溜まります。それが先々ガンの原因にもなるし、脳に溜まればアルツハイマーにもなるわけです。最近はやっと研究者による油の危険性が指摘されるようになりました。

 

冷え取り歴20数年の死ぬほど毒出しを経験した末のいそじ食は高い医療費払うより、この内容を解るだけでマジ元気になりますよ!。振り返れば虫垂炎から始まって一月も出ない便秘、卵巣の両方にこぶし大の腫瘍、油のとり過ぎのひどい胆嚢炎、医者も驚く大穴の開いた胃潰瘍、ひどい子宮内膜症、最後は内臓無力症にうつ、、当時は植物油の炒め物や揚げ物、菓子パン、ケーキが好物で毎日のように食べてましたね。やはり悪い油た悪い糖質、悪い炭水化物が原因でしたね。それらをすべてやめた今が一番元気です!。

 

前回紹介したこのいそじ食もギーをたっぷり使った目玉焼きでほとんど毎日食べます。肉は鶏肉だけ、魚はじゃこだけです。貝類は食べません。バター、ギー、チーズ、卵などの良質の油をとり、揚げ物はかれこれ30年は食べてませんね。

50年も油を研究する奥山治美教授も「オリーブオイル・サラダ油は今すぐやめなさい」「糖尿なのに脂質が主因!」という本も書いていて参考になります。奥山氏は大手企業にも警告していますが、それを知りつつ今も宣伝し放題です。

 

まあ、乳酸菌も同じですね。メーカーの宣伝に乗せられて毎日食べても無駄ですね、悪い人は一時的には効くかもですが、私に言わせれば逆をやっています。なんたってお腹でできる菌とは別物ですから。腸を本当に良くしたいならやめたほうがいいですね。腸はいそじ食で充分で、毎朝目覚めればすぐにお通じです。朝の一回だけで、もう何年もこんな状態です。「我慢すると便秘になる」なんてもんじゃなくマジ失禁ですよ。そのくらい腸が良くなると便意も強くなるんですね。これが当たり前のカラダ、ありがたい話です。

 

酢もそう、あれは私には毒です。でも酸化したカラダは黒酢なんか飲みたくなります。かつての私も実は飲んでましたから。たばこも同じです、肺が健康ならタバコは気分が悪くなります。味噌も塩分が多くて言うほどカラダにいいとは思いませんね。強い納豆菌も毎日食べてどうなのかな??豆を食べたほうがずっとカラダにいいです。これもまたメーカーやメディアの宣伝に乗せられてますよね。食べるもんが良ければお腹で善玉菌ができますからね。毒が溜まって酸化したカラダは何がいいのかも判断できない、だから健康番組が流行る。いくらやっても一時しのぎなんですね。

 

ということで全健康を目指すなら毒出しして甦った自らのカラダ・自然力・自力で判断、行動するしかないんですね。私もカラダで判断し不要なものは食べず、植物油もやめて酸化しないバターやギーにして何年も経ちました。あとは豆やアボガドやそういった素材に必要な油分や栄養は充分入ってますからね、カラダは確実に力強い方向に変化しています。良いと言われてる亜麻仁油やら荏胡麻油やらもすべて試したけど、今は全部やめました。私のカラダには不要ってことだと思います。ちなみに良い油が不足気味の人はしそ油が一番いいですね。

 

あとじゃが芋や全粒パンはその1にも書いたけど、カラダに必要な炭水化物です。栄養や食物繊維が豊富です。実際に全粒パンはお通じが良くなるし、腸壁を掃除しますから「全粒パン!もうやめられませ~ん」なんてコメントもよく貰います。私的にはかえって精製した米粉のほうがカラダに良くないと思いますけどね。とか最後はいそじパンの宣伝になってしまいましたが、もっと言えば..夕食は玄米よりも栄養豊富で消化がいい全粒パンですね!、それと上記にも書いたけど、炭水化物は良質のを少しに食べるとさらに体調がいいです。

 

とにかく栄養のない精製した白パンやご飯やお菓子に砂糖、これらがダメなんですね。ミネラルや食物繊維、それに葉酸やケイ素などの微量栄養素不足は元気な細胞ができない。ドーナツ、菓子パン、ケーキに使われる植物油脂、あとショートニングを使った市販のパン、添加物だらけの惣菜、酸化した干物、、もうキリがないほど病気になるもんばかりです(実はこれらはかつて病気の問屋だった頃の私の食ですが)。市販のチョコは糖が多すぎです。だったら油分の少ないココアにてんさい糖(オリゴ糖)なんかを少し入れて飲めば腸にもいいですね。

 

で、冷え取りで毒出しが進むと、まず酸化したものに敏感になります。その酸化に反応するカラダになれば病気にならないってことです。だって病気や老化は酸化ですからね。そして焼き魚も翌朝はレンジが臭くなるように、大体の油は熱を加えれば酸化します。やはり加熱しても酸化しないギーやバターを毎日使うこと(ギーは常温保存です。冷蔵庫で出し入れすると水滴がついてカビが発生します。そのまま常温保存だと1年でも全く酸化しません)。アーユルヴェーダでもギーやバター、ミルクは命の源のエネルギー源です!。となればチーズもいいってことですよね。良質のものを選び積極的にとれば毒も流すし、肌もきれいになるし、体温も上がって冷えも防いでくれます。あとは日常の冷えに気を付けてムリせず骨休めしつつ心地いい方向に生きればいいですね。

 

体調がすぐれない人は..油と精製した炭水化物、糖質に気をつければそれだけでカラダは確実に変わって行きます。1年2年と続けてみてください。もちろんココロだって軽くなります。夕食は主食に副食という固定観念をやめて、豆や野菜やイモ類を多く取り栄養豊富な全粒パンを一切れ食べましょう。「何がカラダにいいか?」はやめてカラダに悪いものだけ気をつけましょ!!。私の経験から確実に元気になりますからね。

 

この日記にコメントする

いそじ食で伝えたいこと・・その2」のコメント(17)

  1. えん より:

    いそじさんこんにちは。今、母にいい保湿クリーム、手や顔に着けるのを探しています。私自身はもう長く使っていないのでわからないのですが、本人が古い酸化した油の匂いのするのを使っているので、何かいいのはないかと思っています。以前こちらのどこかの記事でいい保湿クリームを紹介していたと思うのですが、見つけられないので、再度教えていただけますでしょうか。香料なしのがいいのですが。

    • 保湿は油じゃなくてグリセリンの入った化粧水がいいよね。油はつけるほどシミなんかできたり、かえって皮膚が自分の油(コラーゲン)を出さなくなるのよね。ここにも書いたけど植物油は皮膚にも害なんだわ。かと言ってギーはいいけどベタつくしね。
      私はずっと気に入ってオーガニック認証のネロリジェーウォーターってのを使ってたけど、最近は欠品中で手に入らないのですよ。ちょっと高価(4千円位)だけどこれだけ顔や手に吹きかけるだけで一年中間に合ってました。
      人の皮膚は植物油よりも馬油クリームなんかがいいのでは。臭いらしいけどね。あと一番人間の皮膚に近いのは羊の油なんですよ。それでかつてはこれをお~屋でも販売してたけど、販売先が変わったら価格が倍になって5千円位になったのでやめました。今は「オルヴェルHS還元クリーム」という商品名になって販売されます。これはオガニックではなくて普通に化学的に作って還元水でその毒を無害にした化粧品です。アトピー用に肌の再生を考えて作られたものです。
      あと安全なものでしたらスイスの「ロゴナ化粧品」なんかも以前お~屋で販売してたものです。これは世界で一番厳しい化粧品認定を受けた化粧品です。最近は安価なシリーズも出ててアマゾンで販売されてます。ビタミンEを使ってるので酸化も大丈夫。
      すみませんね、あれこれ書いたけど私は手に何もつけてないんでこれがいい!って言えなくて。ネロリが欠品でかれこれ半年困ってます。とりあえずロゴナの安い化粧水1本のみを使ってる状態なのでね・・

  2. みずたま より:

    いそじさん、こんにちは。
    いつも貴重な食情報ありがとうございます。
    最近はひよこ豆と芋類が腸に効いている!と感じて、毎日食べるようになりました。
    毒出しが少しづつ進んでいる証拠かな、と嬉しく思っています。
    全粒粉パンも、いそじさんの真似をして、自分で作ってみています。
    でも食べ比べてみたら、腸への効果が全く違うので、驚きました。
    いそじさんのパンは食べたら即、元気になれます。
    自分で作る全粒粉パンの材料は、いそじさんと同じオーガニック素材のもの。
    大きな違いはないはずなのに、不思議です。
    ということは作る方のパワーがパンに宿っているのかもしれませんね!
    (それとも市販のオーブン機能が良くないのでしょうか?…)

    そんなわけで、元気な体作りのためにも、またパンを発注したいと思います^^

    ちなみに無性に油物が食べたくなるのは、めんげんでしょうか?
    知らず知らずのうちに我慢していて、反動がでるのかな?と少し気になっています。

    • 油物は味が濃くなっておいしく感じるけど、カラダへの影響はいいこと一つもないですからね、私も玄米菜食のときはよく油ものを食べてましたね。玄米によく合うし当時はリノール酸はカラダにいいって言われてましたから自然食品店の紅花油なんか頻繁に使ってましたよ。その後カラダで油の酸化を感じるようになってすっかりやめたけどリバウンドはなかったな。
      みずたまさんもこれからは油ものはバターやギーを積極的に使えばいいよね。エネルギーになるし、こっちはおいしいし、いい事ずくめですからね(^_-)

  3. アンズ より:

    いそちゃん日記が更新されるのをいつも楽しみにしています。
    お酢はNGとのことですが、梅酢はどうですか?たまに酸味が欲しい時があります。それと、梅肉エキスをお湯で溶いて飲むこともあります。
    「免疫力を高める生活」を早速、読みました。すごく納得のいく内容でした。今、鼻呼吸を絶賛トレーニング中です。口にテープを貼って寝ているのですが、慣れないせいか、眠りが浅いです。明け方、早めに目覚めてしまったり、日中も目の奥や頭が重いです。目の奥や頭が重いのは、今に始まったことではないのですが。ここ15年ほど、そんな感じです。でも、以前は、もっと熟睡できていたようにも思います。運動不足なども原因でしょうかねぇ?最近は、いそじさんおすすめのラジオ体操をしています。体のねじれが少し取れてきたように思います!

    • 食べるものって自然に近い状態がいいんだわ。なのでお酢よりもレモンの絞り汁とかね。お酢とか梅肉エキスは自然界にないもんね。梅肉エキスなんかも毒が溜まってる病気の人には効くんでしょうね。ですから人それぞれ、その時の体調なんですね。梅肉エキスも必要な人には必要で、でも健康になったらシンプルになって自然に近いものだけで充分てなるんだわ。
      あと以前日記で紹介したベロ体操(ベロ回し体操に記事リンクついてます)やってまっか?アゴを回すとガクガク音がするとか言ってましたね。そこを続けるとスムーズになって音もしなくなるんです。私がそうでしたから。これって口の開け締めでガクガク音がして痛む顎関節症の予防にもなるのでは。
      顎や舌の筋肉が衰えると寝ている間に口がパカッと開いて口呼吸になっちゃう。もっと重症だとイビキ、もっととなれば睡眠時無呼吸、、とかね。これはかなり深刻な問題で口から体内に菌がどんどん入っちゃうよね。放置すればトシをとるごとにひどくなってく。やっぱベロ体操は毎日したほうがいいと思うよ。
      それでテープを貼るのは一時的にはいいけど、これじゃ根本解決にはなんないよね。大体、心地いい睡眠が台無しでしょ。ネット情報には年配になるとさらに舌の筋肉が退化して鼻呼吸用のテープをしてると、舌が喉に詰まってしまうので危険!とありました。やはり舌やアゴの筋肉を鍛えねばいかんよね。ラジオ体操と舌回し体操は毎日やったほうがいいよね。

      • アンズ より:

        いそじさん、ありがとうございます!なるほど、テープは根本的な解決策ではないのですね。
        舌回しは、通勤時の車内で毎日やってます。以前は左右両方の顎がガクガクいってましたが、今は右側だけです。気長に続けてみます!
        梅肉エキスは、今は飲んでないんですが、一時期、体が欲しているときがありました。毒がたまってたんですよね(^_^;)
        「超一流の食事術」読み始めました!楽しみです。

  4. ご無沙汰しています!
    興味深い記事のアップありがとうございます。
    そしてパンも届きました、本当に美味しい♡

    婦人科系の病気と診断され、
    冷え取りはじめ食べ物に気を付けはじめて、
    やっと半年近くたちました。

    ここ3-4か月くらい毎日不正出血がありましたが、
    最近落ち着いてきたかな、と思っていたら、
    排卵時期に、また不正出血が…。

    まだまだ毒を出しているようです!

    ただ、食べ物に関しても酸化や添加物を気にしているので、
    こないだ某コーヒーショップのスコーンを少し口にしたら、
    唇が痺れました、これって拒否反応でしょうか…。苦笑

    乳酸菌の話、とても興味深かったです!
    私も調べようかと思っていたところだったので。

    では残暑厳しいですがいそじさんも、ご自愛ください。
    いつもここにいてくださることで、心強く感じています。

    ありがとうございます!

    • コーヒーショップなんかの、というか大体のとこはスコーンやケーキはベーキングパウダーで膨らませてます。安価で簡単にできるのでね。こーゆうのがあとで暝弦になるんですね。私はベーキングパウダーには懲り懲りです。かなり苦くて結構な猛毒で食べたら最後、あとで全部出切るまで何度も何度も履きますから、ビスケやスコーンなんかは絶対食べませんね。以前はインドカレー店のナンにベーキングパウダーが入っててやられました。ちょっとだけ苦味を感じたけど飢えてて食べてしまい、あとが大変でした。ヤバイもん使うな!って電話しときましたけどね。きっとまだ使ってるでしょうね。
      まあ、市販のものは何を食べても悪い油や添加物が使われてますから気をつけないとね。なるべく外では食べない、または安心な材料を使ってるとこだけにしたほうがいいよね。野生動物みたいに食べる前にわかればいいけど、まだまだそこまでは辿り着けませんね。
      暑さももうちょっとやね、養生して毒出し頑張りましょ!!

      • なるほど!ベーキングパウダー…。お菓子作りには使うものだと、子供のころの家庭科で習っていたのでそこまで悪性のあるものという認識がありませんでした。

        本当、野生動物みたいに食べる前にわかればいいのに!と思います。本当残暑厳しいですが、あと少し!毒出し頑張ります♪ありがとうございます。

        • 膨らんでいるお菓子、ケーキ類はほとんどベーキングパウダーだよね。しかも猛毒なのにほとんどがフツーに食べてる。かつてのワタシもそうでした。毒出しするとこういった毒がカラダでわかってきます。アルミフリーのベーキングパウダーもアウトです。まずは毒出しして悪いものに反応するカラダになりましょ。

  5. いそじさんこんにちは。いそじ食にいつも憧れています。サラダは真似して小松菜わかめトマトじゃこでバリバリ食べてます。子どもも大好きです。私は料理が苦手で、毎日毎食何を作ろうか悩みいまだにレシピを見ないと作れませんwなのでいそじ食にとても憧れます。でも冷えとりしてない旦那は、お肉大好き濃い味大好きでまるで食が違いますし、子どもは肉魚バランスよく食べさせた方がいいのかな、とかなんだかお金が倍かかってるようでどうしたもんかといつも考えます。小学3年の息子は冷えとりでアトピーがキレイに治ったのですが、冷えとりを分かってるのか分かってないのか、年頃なのか、私の説明不足なのか、あまり真剣に話しを聞いてませんwとりあえず五本指ソックスだけは履いてくれますが。そんな感じなので、我が家の冷えとり歴は長いのですが、いまだに靴下は穴あきまくりで、食も定まらない、中途半端に過ごしてます。いつもいそじさんのブログ楽しみにしてます、ありがとうございます。

    • 家族がいると食も迷いますよね。
      ここにも書いたように悪いものを食べないよう気をつければ、あとは美味しく食べればいいよね。但し、言えることは野菜、豆、卵、かぼちゃやイモ類、海藻、、などを食べてりゃ調子悪くなることはないですね。特に豆と野菜は大事かな。かえってこういうのを毎日食べ続けたほうが腸も元気になるんだけどね。
      毒出しすると食も自然と変わるので気長に大らかに行きましょ!!

  6. いそじさんお返事ありがとうございます。もうかれこれ何年もくちびるがカサカサ荒れて皮が剥けます。生理前もまだまだ体に悪い物を欲しがります。でも気長に大らかにいきたいと思います。ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する日記

PAGE TOP