"野生わけぎが”

ホームセンターで買った一株のワケギの苗が、、

春一番に例年通りまた出てきた。

今年のはいつもの味と違って濃い野生の味がする・・。

カラダと同じで人工から自然に還るには..15年はかかるんやね。実は..こういった見えない世界を見るの目ってのが大事で、カラダとは??、また自分とは??..に繋がるわけです。

サラダに刻んで入れると野生の香りと辛みが旨すぎる!!

いやいや、チョー合理的な無耕作・無化学肥料自然農法、、たって何もしてないけど..。春と秋に食べきれないほど出てくるし、、葉物の野生化もほしいとこだけど..なかなか・・

この日記にコメントする

"野生わけぎが”」のコメント(2)

  1. ミシェル より:

    いそじさん みなさん初めまして。

    冷え取り1年1か月のミシェルと申します。いそじさんの膨大なブログを読み、みなさんの書き込みを見ていろいろ勉強させてもらっています。

    今日は冷え取りのことではなく、一つ前のエントリーで話題になっていたお金のことについて、前からお話ししたいと思っていたことがあるので、勇気を出して書き込みます。

    いそじさんがやっているのは、”生き方そのものを教える”ことです。それは資本主義社会の中ではなかなか商品化して売買することは難しいと思います。この世の中、ちゃちな概念、例えば「これを知っていると儲かります」とか「こうすると1週間でやせます」とかを広告代理店と大企業とがタイアップして商品に落とし込み、それをマスコミが宣伝して人々をだましてその商品を買わせるという仕組みになっていますよね。

    冷え取りの概念、そしてそれを実践していらしたいそじさんの生き方と商売(パンなどを作って売る)はこうした資本主義の流通システムでは金銭と交換するレート自体がないのです。

    私たちはこのいそじさんの言葉からお金で換算できないすごい価値を受け取っていることになります。

    さて、そこで、いそじさんにお知らせしたかったのは、クラウドファンディングというシステムです。ある企画をネットでたちあげ、それに賛同した人がお金を寄付するという形のものです。リターンとして何かを返すこともありますが、いろいろなシステムがあるようなので、一度ご検討ください。

    たとえば、パンを作る施設の改修のために基金を募ると言ったことも可能かと。以下のURLなど参考になさってください。

    https://camp-fire.jp/

    来週、また、パンを注文させていただきますね。

    ミシェル

    • いやいや、生き方を教えてるだなんて、、ただ自分を生きてるだけですよ。
      この日記は自分の冷え取り経過を書いてて、もち、ココロの変化も。それが参考になればと思ってるんだわ。以前はずっと自力で!ってここでも書いてたし、自力でやってる自分を書いてきたはずなんだけどね。それがだんだん質問の場みたいになってきちゃって、でも知ってることは答えてたら生き方を教えてるとか言われちゃうしハズ(-_-;)
      もともとwill(自分の意志で~しよう)という屋号から始めた仕事がこうなったわけで、willは音的にも好きだったしね。
      まあ、一人ビジネスは厳しいこともあるけど、だからこそ抵抗力もついて楽しいわけです。若い人なんかはミシェルさんの言うように興味あることを立ち上げ、賛同者に寄付を受けるシステムで繋がるといいよね、ワタシも応援したいですもん。
      なんというか、、ワタシが楽しんでるのは自力という自然力なんですよ。個として始まった健康なwillが広がってwillsとして伝染してく…そんなイメージで仕事を始めたわけです。コトバの力ってのは面白いもんで、浄水器販売先のお客から冷え取り情報が入ってきて、自分が毒出しで死にそうになり、復活して、、ワタシの体験willが広がってwillsに。ついでにパンも焼くようになって人工じゃない元気なwillが空気中に広がってく..。
      まあ大げさなこと言ってるけど、日常の体験やらその時の想いをずっと書いてるだけなんですけどね。なので小規模でいいから自分を生きて健康に死んで行く..それだけないんだわ。んで自分てのはホンマはないんだわ。ってミシェルさん、わけわかんないよね・・。
      見えない部分では仲間:isojiwillsは増えてるかもだけど。要は..個として本来の自然力で素直に生きよう!..みたいなことが深いとこから湧くわけですよ。こんなんで現象界を生きる愉しさ、スリルってのもあるし、勿論、お金だって必要なだけ稼ぐし宝くじも当てたいけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する日記

PAGE TOP