本格毒だしを越える・・

カンクローが兵庫からパソコンの移行(WindowsxpからWindows7へ)に来てくれた。「販売王は古いから移行はムリ、顧客管理はどうしようか?」って悩んでたら「ええっマジ!!」、、ラッキーなことにすんなり移行できちゃった。

しか~し、、操作が今までのxpと違うし画面もデカ!目が疲れるし、、彼の説明がムズイ専門用語でわけわからんし??「意味は後で考えるから操作順だけおせーて!」って言ってんのに、、お構いなしで説明してるしヤツもイラつくし、、数日で彼は帰るしこっちも不安が湧くし「クソー”今に見てろ~!」って思いましたね。ま、不安は新しいもんを受け入れるための脳の抵抗でしょうか、数日で「な~んだできるやん」て、Windows7にも慣れて一件落着!、ここでやっと落ち着きましてん。喧嘩したりジョーク言ったり仕事に外食にカフェにサイクリングに、、ワイの唯一人の分身と喋りっぱなしの幸せな一週間だった、、けど一人細腕で頑張ってる親をもっといっぱい労われよ!なんか思った、甘えですけどね。

 

その間にある人からメールが来た。「冷え取り8ヶ月、瞑眩がひどくガリガリに痩せてしまいホラー映画に出てくる 餓鬼の妖怪のよう、息切れがして仕事にも支障が出てるし生きる気力も失せてます・・冷え取りをゆるめたら瞑眩は消えるでしょうか?またゆるめ方を教えてください」てな内容。これについては同じ思いをしてる人も多いと思うので、何か書かねばいかん!って思いましてん・・。

 

この人は冷え取り8ヶ月で本格毒だしが始まって、カラダの感性も敏感で実は冷え取り大成功!なんですけどね。問題はキツイ仕事(夜勤のある看護師)をしつつ瞑眩を越えるということ。これはかなりムリがあります。毒があまり出ない人もいますけど、この人の場合はしっかり冷え取りをしたので、一気に毒が溶け出したようです。カラダはその浄化にエネルギーを使います。しかもこの人は夜勤もあって、大事な寝ている間の浄化・再生が十分にできないわけです。瞑眩とは病気の症状ですから、病気しつつキツイ仕事をやってる状態なわけです。冷え取りはそんな甘いもんじゃなく、今までの何十年も溜め込んだ宿毒がでるわけで、できればやめてカラダの立て直しを優先して欲しいとこですが・・。

 

それでゆるめると言っても、重ね履きによって血=氣が廻りだしカラダの深いとこの毒が溶け出したわけですから、冷え取りをやめればいいんですけど。早く毒を出して楽になろうと靴下12枚履いて湯たんぽ2個入れてたそうで、これだとさらに全身の毒だしでカラダに負担がかかるわけです。しかも仕事でゆっくり休めない。浄化ってのはかなりエネルギーを使います。それに不安は毒をつくり、そこにムリな少食なんかやっちゃうとカラダはどんどん弱って、そりゃあゾンビみたいになりまんがな。ワタシも死ぬほどの瞑眩を体験して骨と皮の老人になりましたもん。毒だしの最中はカラダの表面は酸化、酸化は老化ですからね。但し自営でしたから激しい瞑眩時はゆっくり休めました。不安はまるでなかった。毒だしを終えたカラダをひたすらイメージしてましたね。

 

で、ワタシの場合はここで「やめるわけにはいかないし死んでもいい!」って覚悟しました。興味本位で始めた冷え取りがマジになった。それで湯たんぽ入れて半身浴を2時間、ヨレヨレになってホットミルク飲んで仕事して、、キツかったけどなんとか越えました。カラダはそんなヤワじゃなく、そう簡単には死にませんね!。しっかり毒だしを理解してればひどい瞑眩も問題なく越えられるんですけどね。不安になったり毒が溜まりに溜まってて内臓が弱ってる人は浄化力が問題ですね。その状態で靴下12枚で半身浴数時間、それと少食は危険かと思いますよ。

 

カラダは自然、そして冷え取りはそのカラダの自然力を取り戻すものなんですけど、、はっきり言って冷え取りは人為の人工だと思います。進藤先生は病気の原因と完全健康を追究して「毒だし」に至り、そして靴下の重ね履きでの毒だしを考案されました。ワタシもそれで救われました。冷え取りはどんな健康法よりも比較にならない強烈な毒だし法だと思います。あの毒だしがなければ今頃は胃がん、子宮がんでどうなっていたか?今のワタシは存在しないです。そのくらい胃や婦人科の毒だしを経験しましたから。また複合汚染化した薬の毒もキツかった。吐き気や頭痛もハンパじゃなかった・・。

 

あの体験があって今があります。毒だしがあってこそ甦るわけで、ホント!よく頑張ったなあ。何が変わったか?見た目はまるでわかりませんけど、カラダを大事にすること、カラダの材料にならないもの(毒になるもの)は食べない、よく眠りよく働く、、ぐらいなもんですけど、それができてなかった。結局、病気にならないよう養生すればならないんです。その大切さがやっと解り、今はほとんど瞑眩らしきものがないです。毒だし(冷え取り)はカラダがやってますから・・。

 

冷え取りのしかたも個人差があっていいと思います。人それぞれカラダもココロも生活環境も違います。カラダが敏感な人はそれなりの心地いい方向で冷え取りをおすすめします。また仕事をしつつ「本格毒だし」を超えるのはムリで危険な人もいます。冷え取りはカラダの自然な毒だしを超えてるわけですから。それと毒の種類だって個々に違います。自分の感覚で、なるべく心地いい方向に自分流でやることです。瞑眩で弱っているのに少食のやり過ぎも危険です。毒だしと造血の両方を考えてください。食べなければどんどん毒が溶け出します(千島学説の逆分化で飢餓状態では病的組織がいち早く溶けて血に戻る・・これが毒だしですから)。

 

この看護師さんの場合もこの状態です。毒だしでエネルギーは使い果たしてしまい、さらにキツイ夜勤なんかもやってりゃ動悸や息切れだってします。だって毒の浄化の腎や肝臓と心臓とは繋がってますから。そこでさらに冷え取りの強化はどうでしょう?。マインドコントロールにかかってませんか??実は、、これはタブーですがあえて言います。冷え取りで亡くなる人もいます(これはかつて進藤先生から聞きましたし腎が悪い知人も心臓がおかしくなって入院)。カラダは個々に違います。マニュアル通りではなくていい、苦しくて越えられなきゃあ一旦やめて体調を整え、またやりたくなったらやればいい、、ぐらいでいいんです。

 

ムリのない冷え取りはカラダの自然な排泄や寝ている間の冷え取りです。カラダが全部やってます。遅くても11時には寝てカラダの自然な毒だしを助けることです。よく動き、よく寝て、カラダの材料になるもんをおいしく食べる。それだけでいいんです。それを基本にして重ね履きや半身浴をすればいいんです。順序が違っちゃってるのでは?って思いますよ。日常の生活習慣から毒が溜まったわけですから、、そこんとこを無視して毒を出そう出そう!ってのは間違いなんですね。あとは生活習慣と思考グセを反省しつつ、自分流で養生&冷え取りをすることですね。

 

ちと脅してしまいましたが、冷え取りは人によってはハンパなく厳しいものです。毒だしをしっかり理解してカラダにお任せしつつ、、MUSTの方法論のマインドコントロールの冷え取りじゃなく、、カラダに負担がないよう気遣い自信を持って自分流の冷え取り&養生することです。そしたら本格毒だしも全く心配は不要ですから。

 

 

 

 

 

 

この日記にコメントする

本格毒だしを越える・・」のコメント(24)

  1. もちきび より:

    こんにちは。
    ずっと、コメントしていいかどうか迷っていたんですが、、、。
    冷え取り歴は5年になります。40半ばです。冷え取り以前から、右足と足首に違和感があり、硬く、曲げると痛みがありました。この半年くらいで、ますます足首が硬くなり、
    またふくらはぎもとてもこわばって、自分の皮膚じゃないみたいな感覚です。
    しびれる感じもあります。
    右手も大変こわばり、中三本指の第2関節が痛み、曲げるのも痛みます。手のひらも硬いし、痛いです。手首の中もねじれてるように痛みます。右手ほどではないですが、左手も同様です。
    靴下は健康組曲(ウール)を24時間履いてますし、下着も絹ですが、それ以外には半身浴もしていないし、甘いものも食べてしまってます。
    私の母親(彼女は冷え取りは全くしていません)は、5年位前からもっとひどく両手がしびれ、物を触っても全く感覚がなく、起きている間中、両手を針でチクチクと刺されているように痛み、指先が思うように動かせません。もしかして私もいつかこんなふうになってしまうのでは・・・とつい不安になってしまいます。
    お忙しいと思いますが、できましたら何かアドバイスいただければ嬉しいです。
    よろしくお願いいたします。

    • きびちゃんこんにちは!!
      そっち方面は医者ではないのではっきり言えませんが、リュウマチみたいな症状ですね。マッサージや運動はしていますか?こわばりのままでは固まる一方なんです。最低でもラジオ体操や寝る前にゆる体操(膝ごそごそ体操→ふくらはぎをゆるめて停滞してる汚血を心臓に戻す)ぐらいはした方がいいですね。それだけでもまるで違いますから。なにしろ運動しないとカラダってそこに毒が溜まって固まるんです。内臓や筋肉、もちろんココロも常にゆるめないとね。
      それと不安なら医者で血液検査してもらってもいいですね。それでリュウマチもわかります。特にお母さんはカラダが固まってしまってからでは大変!最後は寝たきりに。ちゃんと調べて早めにリハビリなんかした方がいいのでは。または整体院などもいいですね。
      原因は不明って言われるかも知れませんけど、やはり共通した食や添加物、薬などの人工毒が原因と思いますよ。きびちゃんも悩んでるとストレスで毒をつくるので、冷え取りしつつ整体院などの専門医に診てもらうといいですね。もち、症状は毒だしだけど、不安なら冷え取りオンリーじゃなくてもいいと思いますよ。

      • もちきび より:

        お返事どうもありがとうございます!
        スポーツはしてないんですけど、ゆる体操は数年前のいそじさんのブログで知って以来、続けてます。膝ごそごそ体操などの基本的なものを。これは身体が勝手に動きますね。身体が要求している感じです。それから相撲の「腰割り」を、無理しない程度に。あとは足首回しだの、爪もみだの、ジャンプだの。。それと、野口晴哉の「活元運動」です。10年以上続けてます。
        なのに大きく診ると身体が硬くなっていってる・・・。
        自分でも身体全体が硬いってすごく感じます。
        ゴハンを食べていても、気がつくと両肩が上がってるんです。何もしてない時でも、気が付くと奥歯をかみしてたり、本当によくあります。首も常に痛い。
        やはり一度血液検査したほうがいいですね。健診もここ10年位やってませんから。もう医者に行くつもりもなかったので。あ、ただ歩く量が圧倒的に少ないです。
        ちなみに母親は手のことで医者に診てもらったのですが、血液検査もCTも「異常なし」なんです。数回診てもらいましたが、その都度同じ結果でした。(目の前に異常を訴えている患者がいるのに、異常ありません、って言う医者って、どういう頭してるのかな。。。)
        とにかく、もう少し身体をゆるめたいですね。
        いそじさんからお返事いただけて嬉しいです。
        ありがとうございます。また何か変化があったら、コメントさせていただきます!

        • そっか~、ココロの緊張かあ。
          カラダをゆるめればココロもゆるむしね。
          ま、毒だし症状も人それぞれそれ、硬いのは活元運動で心身の立て直しの症状なのかな。
          甘いものは選べばいいよね、ワタシは欲しくなったら甘酒に生姜を入れて飲んでますけどね。

  2. ひめひめ より:

    冷えとりでよくいそじさんの記事を拝見しており、初めて書き込みします。

    歯の記事を良く書かれていて、お聞きしたいことがあります。奥歯の根管治療を3年ほど前に終えていて、今回根の先に膿がたまったのか、レントゲンの先に黒く写っていて、鈍い痛みがあります。

    今、歯医者よりフロモックスを出されて冷え取りに反していると思いながらも飲んでいます。

    半身浴と小食と靴下しかないとは思いますが、何とか方法はないでしょうか?時々絹をはさむのを見ますが、頬からあごをさすれば良いのでしょうか。本当は詰め物を一度外したいのですが、先生が薬で治れば一番良いという考えのようで、経過を見るよう言われています。

    冷え取り暦は1年になります。

    何とかアドバイスをもらえませんか?よろしくお願いします。

    • 「根の先に膿、、そしてレントゲンの先に黒く写っていて、鈍い痛み」・・これってアゴの骨が溶けてるんじゃあ?それに黒いのは膿でしょ。
      薬(抗生物質)で治っても、それって一時しのぎでは?根本治療じゃないよね。原因は詰め物の人工毒にカラダが抵抗してるんでしょうね。なにをやっても対症療法になっちゃうし、冷え取りでそこの毒だしが活発になったわけよね。やるなら歯茎のマッサージ(指で患部のとこを軽くマッサージ)でしょ。
      とにかく治療した歯はカラダと違って重ね履きでもダメですね。根本治療をする金属を入れない歯医者をさがさないといかんね。または専門の口腔外科かな。

  3. みつこ より:

    いそちゃん、こんばんわ^_^

    以前、転職について相談したものです!
    相談して3日後に答え出して勢いだけで
    やります!やりたいです!って連絡しました。

    で、一昨日親に言うたところ、保険がないけんまた親の扶養になりたい事を言うと、甘えるんもいい加減にせえ!とキレられ、私も60過ぎてる親に言うのは辛いと思ってます。

    保険は自分でしようと思ってます。
    にしても、年金とかも今まで働いてない時の未納分が今だに来るんです。
    将来の年金なんてアテにしてないし、もらう気もないものをさかのぼって収める気にもならないんです。。
    今も年金制度変わってるし、会社に勤めると嫌でも引かれるけど。この辺をどうしたらいいかすごく悩んでいます。請求書だけは何回も何回もくるし。
    ていのいい取り立てのようです。
    いそじさんは、国の保険制度や、ご自身の保険はどのようにしていますか?
    よけれはば教えてください。

    • 一言で「しっかり働いて年金払いましょ!!」って言いたいです。
      ワタシは若いころは年金なんてまるで関心がなかったんです。そのかわり女子が一生働くには?って悩んでましたね。将来の不安もなかった・・。
      年金についての考え方は「支え合い」。払うとか掛けるとかじゃなく若者が年配者を支える、、そして自分が年配になったら若者に支えてもらう制度なわけです。
      苦しくても払ってる人がいるし払わなければ取り立て、ってのも仕方ないよね。どうしても払えない人は申請すれば免除の制度もあるよね。
      誰にも依存せず、自活しましょ。みつこちゃんはその決心がまだついてないんだわ。「払うと損」みたいな考えじゃなくお金は周りもの、出せば入るんですよ。これホンマです。太っ腹になって払うもん払ってやりたい方向で働く、、資本主義の日本に居るならそれっきゃないっしょ。それか結婚して安定ってのもあるけど、、みつこちゃんの悩みは悩みじゃないよね。悩みじゃなくどっちかって言うと自立ができてないんだわ。
      現在のワタシの場合は国民年金が二ヶ月に一回振り込まれます。介護保険やら健康保険料が2万も差し引かれるのでたったの8万、月にすれば4万ですよ。ま、それでも助かるし支え合いができて満足。働いたお金は結構使いまくってますね。それで他者が潤うしね。いいかげんトシだけどこれから老後の貯金です。頼る人、スポンサーは誰もいませんね。
      先はどうなるか?わからないよね。働いてエネルギーを使った分、それがお金になって返ってくるんだわ!!。

  4. ささちゃん より:

    はじめまして。冷え取り4年目にはいりました。
    ちょいちょいめんげんはありましたが、3年目最後の月から、沢山症状がでてきて参ってます。
    頭痛、吐き気で入院して、退院するころには鬱。4かくらいで鬱は消えてきたと思ったら、パニック障害の症状が2週間も続き、また鬱も。昨夜からは、胸のあたりがモヤモヤして息苦しいです。心臓がどうにかなってたら突然死するかもと一人悩んでます。
    こんなに長いめんげんははじめてで、日々めんげんなんだろうかと…
    家事もままならず、家族には申し訳なくて。
    心の持ちようでめんげんの出方も違うのかな?と思いつつ、凹む日々です。

    • ささちゃんコメントどうも!
      頭痛、吐き気で入院てマジっすか!?。瞑眩で入院したってことかな??もしそうならここはなんとか乗り越えないと、、毎回入院するようだし、これからもっと凄まじいのが出ると思うけどな。自然療法などで痛みを和らげてなんとか越えないと楽になんないのよね。
      それと鬱って言うけど深いとこの毒だしなのよね。カラダもココロも一緒で全部が毒だし症状なんだわ。病名なんか忘れて「症状は毒だし」これだけでいいんですよ。アタマは不要、カラダががんばって再生してるので辛いでしょうけどお任せすることです。
      ドキドキも心臓病ではなくて腎やほかの内臓に負担がかかっててもドキドキしますし水分不足や取りすぎや熱中症だってドキドキしますからね。
      油もの、甘いもの、酸化物を避けて気持ちを楽にしましょう。本格毒だしですからカラダがまともに働いてくれてることに感謝ですよ。あまり考えず、辛さ(今までの生活の誤り)と向き合ってそれを味わうっきゃないよね。その分どんどん再生されてますからね。ガンバ!!

  5. みつこ より:

    おはようございます。
    自立、自活できてないですね。いそじさんの言う通りです。親の扶養に入れるなら入ろう!とか、将来もらえるかわからんものを収めるくらいなら、今欲しいもの買おうとか。そう考えていました。
    私は、職を転々としてきたから、収入面がいつも不安定。だから、先に出す。と言うのが怖くてできない。
    ちょっとでも自分が損をしたくない。と思ってしまうんです。

    そうですね。今、年金を払うのはお年寄りを支えるため。でも、自分がお年寄りになっても若者が支えてくれるとは限らないですよね。未納者がどんどん増えている今。
    でも、そこをアテにせず一生現役でいられたら
    もらえたらラッキーなんて気持ちになれると気楽ですよね。
    私に足りないのは、自立なんですね!
    これは悩みでもなんでもなく
    一生懸命働きましょ!で解決できることだったんですね。

  6. ささちゃん より:

    めんげんで入院です。頭痛は怖いなと思い病院行きました。検査結果は異常なし。
    今回のめんげんは、ほんとへこたれてます。
    身体に感謝しつつ乗り越えます。
    病名にはこだわらず…全て毒だし。
    なんかホッとしました。
    いそじさん、寄り添ってくれるあたたかい返信ありがとうございました。

  7. 小太郎 より:

    いそじさんこんばんわ!先日初コメントさせていただきました小太郎です。返信いただきましてありがとうございました。すごくうれしかったです!

    今回、「マインドコントロール」という言葉にハッとさせられました。靴下の重ね履きのほかは特別に気にせずゆるゆると冷え取り生活始めて1年になりますが、そんな自分になんとなく後ろめたい気持ちがする…心のどこかで「これはやらない方がいいんだ。ダメなんだ。」という思いがあって、「自分流(マイペース)の養生&冷え取り」をやっているのにどこかでそれを許せていない自分がいて…。結果として「溜めなくていい心の毒を作ってしまっているかも!」と気が付きました。しっかりマインドコントロールされてしまってますね、私。

    「マニュアル通りではなく」て「自分流」を見つけて実践していくのって、腹くくらないとできないかも。自分のカラダとココロの本来の力を信じて生きていくのって、自分との真剣勝負になるような気がしました。
    力を入れるよりも、力を抜いて流れに任せる方がずっとずっと難しいですね。

    でもそれをやらなきゃ人生始まらない気がします!これから改めて「自分流の養生&冷え取り」やっていきま~す!大事な気付きをありがとうございました!

    • うーん、ステキなコメントやね!
      もちろん、冷え取りはアタマ(マニュアル)とカラダ感覚の両方がマッチしてこそできることかと思います。でも大事なのは靴下はカラダ力を目覚めさせる道具で、冷え取りは完全健康に還ること。それにはまずカラダをよく理解して(自分を理解しつつ)、カラダを感覚しつつ(自分を感じつつ)やってけば、自信(自分を信じる気持ち)が湧くんです。
      「靴下でカラダを守ろう」って長いことやってる人を見てきたけど、少しも本来の自力が戻らない。靴下依存でかえって弱くなってる。強くなるための冷え取りがです。その人の想いがそれなりのカラダになるんです・・。
      最初はマインドコントロールでもいいんです。宿毒を流し、だんだんそこから抜けて、、次はシンプルに「自力=治力」で生きる、、食もカラダに聞く・・そうなれば小太郎さんの言うように最後は流れに任せて気楽にゆるんで自分を生きる、、ってなるよね。これぞ冷え取りっすね(^_-)-☆。。

  8. オズの銀猫 より:

    いそちゃん、こんにちは!
    いつもブログ、拝見してます。
    そして、コメントも送らせてもらおうと思いつつも、
    いつも読みっぱなしで。
     
    だいぶ気温が上がってきましたね。
    暑い時こそ、冷え取りの本番(ハイライト?)なのではないか、
    と最近思います。
    というのも、年齢なのか、夏(今頃から9月までの間)の体の
    バテ具合が年々ひどくなっている気がして、暑い日々を元気に
    やり過ごすために、つまり、夏のために「冷え取り=毒だし」に取り組んで
    いるからなんです。
    私、冷え取りをして、四年近くなりますが、暑くなると、まだまだ「だるい、
    だるーい!」と行っていて、体力もそうだけど、心身に「気」が不足してるなぁ
    なんて感じてます。「気」が不足する、っていうのは、冷え取りやめんげんを
    それなりに経験して、気がついたことです。「気力」という言葉がありますが、
    体力アップはもちろん、気力もアップさせていきたい!!て、つくづく思います。

    さて、私がもう一つ気づいた、、、と言いますが、もしかして!?と思ったこと
    があって、いそちゃんに聞いていただきたいのです。
    それは・・・・お金がなくなるのもめんげんですか??
    て、とっても笑ってしまう相談ですね。
    けれども、です、お金の使い方の指南書も出てるくらい、たとえば「お金に感謝する」
    とか「人のために使うことで、再び自分の元に返ってくる」とかそういう
    メンタルのありかたがお財布状態を左右する、ということを知って、若いころはそれこそ
    自分のためだけに湯水のように使ってましたが、今は「心積もりとしては」人のために
    なんとか使いたいと考えるし、自分の身なりも大事だけど、家族が喜ぶことに使おうと
    思っているし、とにかく自分の中ではお金に使い方を切り口に、人生革命のようなこと
    も起きているほどなのに、そうなればなるほど、「あれー、今月もこんなにマイナスに
    なってしまった!」となるのです。

    私としては、この「めんげん?」、かなり興味深いので、いそちゃんのお考えをお聞かせ
    いただけると嬉しいです。

    身体、考え方、お金、人生・・・・・みんなリンクしていますね!

    • オズさんコメントありがとう!
      「身体、考え方、お金、人生・・・みんなリンクしていますね!」・・そうね、やはり浄化した意識に繋がると思います。固定観念を広げて何でもアリで受け入れてくと、スケールも広がるよね。お金に関しても円レベルで使う人と万レベルの人とでは貯まり方も違ってくるしね。もち、収入と支出のバランスを考えなきゃ自己破産でしょ。人のために使うとか、自分のために使うとかは問題じゃなく、出せば社会は潤うわけで自分のために服を買っても店員の給料になるわけよね。それにお金は働いたエネルギーの現象化だし、ありがたいもんよね。お金自体に意味なんかないし、それぞれの観念でお金に支配されたり楽しんだり人助けだってできるしね。
      あと、マイナスになるってことは現象化するエネルギーを使ってないってことも言えるかも。お金がマイナスなのは瞑眩??マイナスでも元気な人いるし、、ま、深~く考えればそれもアリかな。
      とにかく冷え取り4年だとだるいのも瞑眩、それと甘いものや日常の食べすぎも原因してますよね。夏場は冷房病とかね。
      ワタシも暑いところから冷房のスーパーに入ったりするとカラダがおかしくなるので夏は工夫して養生してます。

      • オズの銀猫 より:

        いそちゃん、ご回答をありがとうございます!!
        お忙しいところを、コメントについてのアドバイスを
        送っていただけて、とても嬉しいです。

        お金の問題・・・そうですね、いいエネルギーの循環ができていない
        と自分でも感じます。有言実行できてないことが多いようにも思います。
        イメージとしては、「オーライ!!オーライ!!」よか大きな声で言いながら、楽しそうに腕をぐるぐる回してるような人生が
        いいなぁ。(←変な例えですけんど)

        清清しく生きたいです。

        ダルさと言えば、授乳中をいいことに、白米を中心にどんぶり飯を毎食事にしています。・・・やはり!食べ過ぎですね=!
        最近、思うのです。。。腹いっぱい食べたり、休憩と称して甘いものを口にするダルダルの自分と、シンプルなものでちょこっと食事して、後の時間は快活に動き回る自分と、どっちがいいかと言えば、絶対に後者だよな!と。

        いい循環の風になりますね!

        いそちゃんも、気温が上昇するシーズンに、どうぞご自愛ください。ありがとうございました。

  9. はずき より:

    こんばんは^^

    私もまだ冷えとり一年未満ですがガリガリです。
    冷えとりをはじめてすぐに「これは荒行だ」と思いました。
    だから友人にも勧めません。どうしてもやりたい人には「進藤先生の本を読んで覚悟してからやって」って。
    何十年もやってきた陰陽温冷を人工的にいきなり逆さまにするのだから辛いのが当たり前ですよね。
    いそじさんが仰るように危険な場合もあると思います。

    • あらま~、はずきちゃんも一年未満でガリガリ!??感性がいいんやね。
      友人に勧めないのは正解っすね。やりたい人はきっとカラダの準備ができてるのかもだけど、但し自己責任でやらせることよね。「進藤先生の本を読んで覚悟してからやって」ってのがホンマの優しさって思います。
      長野で勉強会に出てる人がここにアポなしでいきなり来て、「是非勉強会に来てくれ!」って言われたけど甘えてるよね。自分の冷え取りに人を巻き込んで、ろくに冷え取りやカラダの勉強もしてないし、、「こちとら忙しいんじゃい!」って言っちゃったけど、また手紙がきたし何がしたいんだか??はずきちゃんの言うよーに覚悟してコツコツやることよね。

      • はずき より:

        先生の娘さんの勉強会に出た人の話では「ことさらわからないことがなければ勉強会には出なくていい」というお話があったそうです。

        いそじさんの仰ることはとても納得できることが多いですし、「ああ、そうだそうだそうだった」と自分のニュートラルに立ち返ることが出来てありがたいです。
        これからも色々と参考にさせてください。

  10. はじめまして。
    いつもサイトを拝見しているのですが、コメントを書くのは初めてです。
    今回の記事、もの凄く心に響きました。
    実は私も壮絶な瞑眩を体験した一人でして・・・。
    毒出しが酷かった時は最高で28kgまで痩せましたよ。(ちなみに♀、身長157cm)

    胃腸の毒出しが酷くて食べ物も飲み物も全く受け付けなくなり、ざっと3年くらいは吐き気と格闘したでしょうか。
    もう死んだ方がよっぽどラクだと思うくらいに衰弱して、まさにガイコツのようになりましたが、それでも毒出しの体験は本当に貴重でしたし、自分の体に感謝しています。

    いそじさんの言うように、毒が出ない状態、体が何も反応しない状態が一番怖いです。
    瞑眩が出ているうちは、体が治ろうと努力している証です。
    後はその瞑眩とどう向き合っていくかですが、それは自分の体の声を聞きながら、日々調整してあげることかなと私も思います。

    私の場合、絶対に体を立て直すと覚悟を決めていたのと、過去に断食の経験が何度もあったので、食べなくても飲まなくても死なないという精神が出来上がっていたのも大きかったと思います。
    だから淡々と瞑眩と向き合うことが出来たのだと思いますが、それでも瞑眩が辛い時は冷えとりは中止していました。
    この中止するか否かのコントロールは自分で手探りでやっていくしかありません。
    一人一人体質は違うので、他人に聞いて答えが出るものではないからです。

    本を熟読し、冷えとりのやり方を頭に入れたら、あとは自分の体に答えを聞きながらやるしかないんですよね。
    それこそ、毒が溜まりすぎて体質が劣化している人は「死んでもいい」くらいの覚悟のもとでないと、瞑眩に心が負けてしまいます。
    冷えとりで亡くなる方もいるそうですが、瞑眩そのもので亡くなるというよりも、酷い瞑眩に耐え切れず、このままだと死んでしまうかもしれないという恐怖感から亡くなるというのが正しいのかなという気もします。
    実際、瞑眩は良くなるための反応ですので、体を悪い方向には持っていきませんし。
    (同じ理由で、断食中にやはり精神的な恐怖心で亡くなる方が稀にいます)

    でも、こんなふうに瞑眩の体験を共有出来る場があって本当に素晴らしいです。
    私も、もっと早くにいそじさんの体験談を見ていたら、まるで修行僧のように冷えとりをやらなくても、もっと肩の力が抜けていたのかなと思います(笑)
    「進藤先生の本を読んで覚悟してからやって」・・・この一言、まさにですね。
    依存体質の人は、絶対に中途半端に冷えとりに手を出しちゃダメ!と私も思います^^

    • コメント嬉しいです!
      ワタシも同じでひどいときは毎日20回ぐらい吐き、それは3年以上続きましたから30キロを切ってたと思います。吐いてはコンニャク温湿布ですから、冷蔵庫はコンニャクでいっぱいでしたね。
      今はなつかしい体験けど、そろそろ記憶も薄れています。でも死んだほうが楽だったし、死ぬのが怖くなかった。元気になった今は怖いですけど・・。
      あと、危険なのは毒が溜まってカラダの再生力が落ちてる人。大体は腎も悪い。それをマニュアル通りに冷え取りを徹底して毒が出てくると、今度は毒の浄化力が間に合わないわけです。それで恐怖がカラダから湧く(腎は臆病)。それで最後は心臓が止まりそうになるんですね。実際に見てきましたし、それが怖いんです。医者はあわてて靴下を脱がせました・・。実際に人によっては靴下でそこまでになるわけです。冷え取りはカラダの自然な毒だしとは違ってムリがあるんです。断食やカラダの勉強をした蓮ちゃんだってガイコツみたいになるわけですから、、ただマニュアルの徹底じゃダメで、心して自分の責任で自分のペースでやらないといかんのです。冷え取り指導者も苦しけりゃもっと靴下を履きなさい!みたいな指導はどうかと思います。養生や生活習慣をもっと指導すべきかと・・。

      • いそじさん、ありがとうございます^^
        恐怖心の源は腎臓だったんですね。
        しかも腎臓が心臓に影響を与えていたとは・・・凄く勉強になります。
        私が冷えとりをやってみて思ったのは、自然界は乗り越えられる人にしか究極の瞑眩を与えないんじゃないかなぁ・・・と。
        それが自立=どんな結果になっても自分で責任を持つことが出来る人ってことなのかな、と。
        私もまだまだ毎日が試行錯誤の連続で、半身浴も日によってバラバラだし、食事も私は玄米菜食が合っているようです。
        冷えとりの道は長くて険しいですが、いそじさんのようにたくましく乗り越えた先輩がいるので、私もまだまだ頑張ろうと思います^^

  11. あっちゃん より:

    スミマセン、この日記を見てコメントに送信してしまったらゴメンなさい。削除してしてね☺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する日記

PAGE TOP