サムライ・ザックジャパン&ニーチェの言葉

いやいや、お蔭様で忙しいっす。10月から12月までは発狂しそうな忙しさ、何せ無休のうえに今年はインプラント治療に通ってる。でも面白いことに、忙しいのを繰り返すと、、カラダが慣れて勝手に動くし、一度にいくつもの仕事も出来て、、忘れっぽかったのが最近は適度の緊張でスイスイできちゃう。「繰り返す」ってのは大事やね。
ゆる的には頑張るのはあんまよくないって言うけれど、、また、ある情報によると、、「ボーっとしたリラックス状態のときこそ、潜在力を開花させるデフォルト・ネットワークという脳の回路網が一番働く」、そうです。難しいもんで、だからってリラックスが続けば副交感神経が優位になりすぎて、ウツにもなる。って何が言いたいか、要はここ何年か、メチャ忙しいのを繰り返して当たり前になっちゃった。もしか、、動き回ってるうちにカラダ意識が形成されちゃったみたいね。それでちらほら潜在力も出てきた。で、ゆる体操に出合ってさらにカラダが目覚めちゃって、、丹田がビクビク動くし笑いも出るし。これってクンダリーニ?とかチャクラ?とかの世界??ジブン的にはあんまそーゆうのは要らない世界って思ってたけど。ま、カラダってのはどないやねん?向き合うっきゃないっしょ!みたいな気持ちになってきましてん。。
しかし六十路になって、、発送したりパン作ったり、、いちんちヘトヘトで人生で今が一番働いてるよーな。。で、人は限界まで精一杯やることで精神力がつくらしい。その積み重ねでオトナになるわけで、、やっぱゆる体操とか冷え取りだけやってりゃいいってことじゃないよね。日々の鍛錬も大事ってね。ま、ここまで元気で来られたのも、冷え取りのおかげやね。。
で、きょう書きたかった本題は、、このところサッカー日本代表がチョーおもしろい!香川、本田、長谷部、長友、松井、遠藤、、もうどの選手も個性的でいいじゃないの!。ミランやインテルの監督やってたザッケローニ監督もゆるんだ顔してていいよね。日本代表も何人かはゆるをやってるそうで、、気後れしない選手が多くなってきて、それで強くなったみたい。またイタリアで活躍してる長友が最初から最後までスゲー走りで世界の一流フォワードを抑えちゃうのも大きい。先日のアルゼンチン戦でもメッシを押さえちゃったし。。
ドイツリーグで活躍の日本代表キャプテン、長谷部もメチャ試合ではゆるんでるよね。オフの日は7~8時間も読書するらしい。ドイツ語もペラペラだそうです。で、写真は長谷部が今、気に入って読んでる本だそうで、、早速ワタシも読んでみた。この本、要は、、「オモロク生きるには、、」、みたいな内容かな。で、ニーチェに関する本を今日、数冊、取り寄せた。。
以下、「ニーチェの言葉」より抜粋っす。
永遠の敵
敵を抹殺しようとするのか。本当か。
本当に相手を滅ぼしてしまっていいのか。
敵は抹殺されるかもしれない。
しかし、そのことによって、敵がおまえの中で永遠のものになってしまわないかどうかよく考えてみたのか。

いつかは死ぬのだから
死ぬのは決まっているのだから、ほがらかにやっていこう。
いつかは終わるのだから、全力で向かっていこう。
時間は限られているのだから、チャンスはいつも今だ。
嘆きわめくことなんか、オペラの役者にまかせておけ。

安定志向が人と組織を腐らせる
類は友を呼ぶというけれど、同じ考えの者ばかりが集まり、互いを認め合って満足していると、そこはぬくぬくとした閉鎖空間となってしまい、新しい考えや発想が出てくることはまずなくなる。
また、組織の年長者が自分の考えと同じ意見を持つ若者ばかりを引き立てるようになると、その若者も組織も、確実にだめになってしまう。
反対意見や新しい異質な発想を恐れ、自分たちの安定のみに向かうような姿勢は、かえって組織や人を根源から腐らせてしまい、急速に頽廃と破壊をうながすことになる。

う~ん、いいでしょ!!。てか、ワタシもこのままじゃヤバイって思いましてん。。結局、ニーチェって裏と表の見方をしてて固まってないよね。人は常識に生き、安定しようとするけど、そっちは固まり・破壊の方向につながる。また明日、死ぬかも知れないのだから、、つまらないことでわめいてないで自力で今やれることをやればいい。もっとゆるんで広がりなさい、、みたいなこと言ってるんでしょ。。ワタシ的にはニーチェは冷え取り的生き方かなって。長谷部くんもスポーツと読書でステキやね。
あと、香川君も前回は補欠だった。彼、足首が柔らかくて、ジダンの「マルセイユ・ルーレット」なんか試合でやっちゃうそーな。でも気力はあの本田君には及ばないやね。本田君はセンターが確実に出来ちゃってて、物怖じしないし、ボールは絶対に取られないキープ力でチーム全員から頼りにされてる。シュート力、自分流サッカーが魅力と強さやね。。
ま、何よりもザッケローニ監督の選手を選ぶセンスがいい。「まだ才能に気づいてない選手がいる。強くなれるのを信じてない選手がいる、、」とか言ってたけど、森本のことかな??大方の日本選手のことかな?。しかし先日の韓国戦、死闘でしたね。パワーの韓国、技術の日本って監督が言ってたけど、、パワーと自信がつけば一流やね。おおらかで会話を大事にするザッケローニ監督のもと、攻撃的前進サッカーを目指すサムライ・ザックジャパン!、、いやいやオモロクなりましてん。。
なんか、解説者気分で書いちゃったし(^^ゞ、、サッカーってのはいろんなもんが見えて好きだな~~。。

この日記にコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する日記

PAGE TOP