コロナと森とモロヘイヤ

新型コロナの感染力は衰えませんね、でも毒性は弱まってきてるようですね。

日本の場合、死亡率は例年のインフルエンザの三分の一で、このところの重症化率は感染者の2%未満だそうです。また欧米に比べると日本人の死亡率は100分の一、自然免疫の違いとも言われています..。

 

最近は軽症や無症状の感染者が多く、ほとんどが自然免疫で治っているとのこと。なのでカラダが獲得免疫がつくようには働かないそうです。メディアもこういったことは報道せずに感染者数ばかりを毎日報道してかえって不安を煽っているだけです。しかも感染者数は検査をした人から割り出しているので実際のところはまるで違ってきます。

 

特に密集した都会では無症状で感染に気づかないまま自然免疫で治っている人も多くいるわけですから、実際の感染者はかなりの数になるでしょうね。検査を増やして入院させればベッド数も減り、別の病気の患者が入院できなくなります。深刻なのはコロナの影響による経営困難に陥ってる事業者ですよね。このままではコロナ死亡者よりも事業者の自殺の数のほうが上回るなんてことも言われています。

 

なんでこうなったのか??,,PCR検査やワクチンで誰かが儲けるためなのか??、、メディアの影響で多くの人はワクチンに期待している。けどあくまで人工ワクチンなんですよ、水銀やアルミ、乳化剤、動物細胞などが含まれ、あとあと奇形や難病、奇病の原因にもなるようです。イタリアではワクチンと自閉症との因果関係も認められています。インフルエンザで毎年ワクチンをしたら毒性も許容量を越えてしまいます..。

 

どうすればいいのか??、これはもう何かに頼るのはもうやめて、個々の責任で本当のことを知り、何をすべきかを「肌」で感じ、どう動くかは自分で決めることですね。やはり今、やることは自らの免疫力強化しかないですね。コロナへの不安はちまたで騒がれているけど、なぜか全く湧いてきませんね。

 

しかし世の中人工化して自然も少なくなって、そこに人が密集したら感染症が広まるのは当たり前のこと、また発生場所の環境によってもウィルスの毒性は違ってくると思う。やはり感染症は人工的生活と密集地にも問題がありそうです。それと武漢のコロナ発生についても原因追究を徹底すべきと思うけどね。

 

多くの科学者は新型コロナの空気感染を指摘している。武漢発生から今まで、飛沫感染だけで1600万人も感染するわけがないし、これはもう考えればわかることでしょ。一生懸命に手洗いやマスクや消毒をやっても限度があるってもんで、大事なのは食と居住環境を自然に近づけることと思いますよ。このところの豪雨による水害もそう、川のすぐ傍に家があったり、堤防がコンクリで固められてたり、このままでいいの??って思っちゃう。人は自然の一部、個々が自然の掟を守りつつ生きなきゃあ、って思うけどね。

 

で私が二十数年前に都会からここ高峰高原に越してきた時は、庭は浅間の花崗岩だらけで1メートルにも伸びる月見草がそこに群生してて、これもきれいでしたけど..。で大量に種を蒔き無耕作無肥料の究極の自然農を8年ほどやりました。でも冬は零下20度にもなる寒冷地、最初からこの農法はムリでしたね。

 

その後..私は若い頃から尊敬してた森脇教授の著書(下記参照)を改めて読んで「森をつくろう!」って決めました。家の周りの空き地もローンで買い足し、そこに深く根を張る昔ながらの広葉樹(ミズナラやブナやカシの木など)を植えて小さな森づくりを始めた。早いものであれから15年が経った..。

 

今はこんな感じで外見(写真左)は森らしくなり、右の写真は中に入った写真です。どんなに大雨が降ろうが広葉樹(特にミズナラ)はこれぞとばかりに葉を大きく広げ、一滴残さず根本に水を流し込むようです。最近はなんとか森っぽくなって..森の匂いとマイナスイオンが気持ちいい!!。

 

左写真は私が1番愛着を持っている樹です。越してきた当時は30センチぐらいでしたが、今は3メートルにも伸びました。本物の森とは..こういった昔からその土地にある樹で自然にできた森を言うそうです。残念ながら日本には90%以上なくなってしまったそうです。なので私が作った森も実は人工林、でも下草も育ち先々は本物の森に近づくと思います。日本の昔ながらの森はお寺や神社にあるぐらいでほとんどが伐採され、根の浅い針葉樹の人工の森になってしまったそうです。大雨による土砂崩れや温暖化が進むはずですね。

 

森は下草や雑草や樹々がいろいろ混ざったタオの世界、周囲の雑草も枯れれば肥料になって、そこに住みつく微生物だって土をフカフカに肥やし、すべが必要でそこに在るわけです。ですから人間界もそうで、すべてが混ざりあったタオの世界、まあ、人間の煩わしい固定観念の世界とも言えるけど、そこをどう生きるか??、個々の個性で根を張って生きなきゃあ、ってことなんですよ。私的にはなるべく自分流で楽しく生きるべきと思うけどね。そうじゃなきゃあストレスでダメになるし、心身が自然から遠のくほど病気または免疫力低下でコロナで重症化ですからね。

 

ここで私が尊敬してる宮脇教授の著書を紹介しますね。教授は万里の長城など世界中に4千万本の木を植えた人で、その長い道のりの中で得た人生観も書かれていて説得力ある本です。津波や河川の氾濫も本物の森があれば防げるし、温暖化の原因も二酸化炭素を大量に浄化する森が世界中から消えたからと言っています。また都会暮らしでも庭に1メートルの奥行きがあれば共生の森ができると教授は書いています..。

 

これからさらにAIや5Gのデジタル時代に移行しますが、そこに乗っかって生きて行けばいいのか?いえいえ、もっと大事なもんを忘れちゃダメですよね。自然が与えてくれた肌感覚を使って生きなきゃおかしな方向に行くと思うけどね。私も肌感覚を大事に..不安の湧く都会から田舎に移り住んで現在は暮らしも仕事もステイフォーム、元気で新鮮な空気が吸えるだけで十分です!。

 

で話をコロナに戻すと..人間の本質的な生き方をすればコロナだって越えられるって思う。感染症は今後も発生するし、すべてが共生のタオの道で生きるしかないわけですよ。自然のありがたさを再認識することですね。野菜だって自然の力がなきゃ育たないし、レジ袋云々もいいけど、「病気は人工で元気は自然」なんですよね、自らが自然に沿った生き方しなきゃあ、カラダも世の中も何も変わらないわけです。

 

てことで食だって人工食じゃなく、なるべく自然がつくったままを料理して食べれば元気になるようになってるわけです。まずはコロナに負けない免疫力づくりですね!。前回も書いたけど、野菜の表面は固い細胞壁で覆われていて噛んだぐらいでは壊れないそうで、加熱すればすぐにその栄養素が取り込めるという話でした。野菜は加熱で抗酸化力が100倍にもなるそうですから驚きです(前田博士の著書参照)

 

最後にちょっとだけ..今、ハマってる食を紹介します。抗酸化力が半端ないモロヘイヤのカレーです。一番右はこれを打ちつつ作った本日のランチのホヤホヤ~~!!

 

モロヘイヤはほんの少しの水で3分ぐらい茹で、このように汁ごと冷凍しとくと便利です。トマトとモロヘイヤのスープは相性が良く、簡単に作れて酸味&とろみでチョーおいしいです。7~8月はモロヘイヤ収穫期、たくさん食べて新型コロナへの免疫を強化しましょ!!。

モロヘイヤの栄養と効能

 

この日記にコメントする

コロナと森とモロヘイヤ」のコメント(11)

  1. ミホナ より:

    モロヘイヤ、私もスープにして食べました!主人の実家が兵庫県の田舎で、土地が広いので野菜を作って持ってきてくれるのです。ツルムラサキも今年は沢山食べてます。
    カンクロウさんも兵庫県なんですよね!私達夫婦もアラフォーで、主人の両親はいそじさんと一緒ぐらいの年齢なので勝手に親近感を感じております(^-^)
    案外ホントに近くに住んでたりして。いそじさんはこちらに来ることはないんですか?

    一つ質問よろしいでしょうか。
    ワカメより焼き海苔がよいということですが、他の海藻はいそじさん的にどうでしょうか?
    例えば、もずく、めかぶ、ひじき、あおさ等もアウトでしょうか?

    • カンクローは兵庫の芦屋で高級住宅街の近くに居るらしいです。けど自分は生活苦でスーパーで値引きのワゴンをいつもアサッてると言ってましたよハハハ
      もずくはたまに生姜や醤油、味醂で煮て食べてます。昨日もモロヘイヤを入れてスープにして食べたとこです。ワカメは以前、小松菜サラダに入れて毎日食べていて、当時は毎日のように動悸がしてて、、しばらくはパン焼き時の熱中症かと思っていたんですよ。もしかワカメ!?って思いついて調べたら..ワカメは食べすぎると甲状腺障害があって心悸亢進..とか書いてあって、これだあ~!ってやめたら、以来ピタッと動悸が治っちゃった。なのでそれからは焼海苔にしました。
      ワカメや昆布、ひじきはカラダにいいけど、ヨウソ(ヨウド)が多いのでたくさん食べるとヤバイです。あおさ、ひじきなんかは比較的ヨウドが少ないですね。昆布はヨウドがずば抜けて多いですからね、めかぶも根昆布だし、常食はやめたほうがいいね。

  2. ミホナ より:

    昆布がアウトっていそちゃん日記に書いてあるのを見た時は、愕然としました。。。マクロビでは煮干しや鰹節が使えないから推奨されてますよね。
    海苔はうちの家族皆んな大好きなのでよかったです。アオサ、もずく、ひじきはオッケーなのですね。いつもよい情報ありがとうございます(^-^)

    芦屋!メチャ近です!ますます親近感!
    以前はよく行ってました。
    高級スーパーしかないですからね。芦屋に住んでたら私も漁ってると思います(・∀・)
    まあ絶対住めないけど。。

    • 昆布はアウトと言うよりは..ヨウソの害もあるのでほどほどにってことよね。カンクローは芦屋市民だけど貧民みたいですよ。
      マクロビでマインドコントロールされてる人が多いけど、大事なのはカラダに聞くことよね。それには毒出ししてクリアーになればカラダの声が聞こえるし、肌で食を選んで楽しめるんだわ。

  3. レモン より:

    こんにちは。いつも、美味しいパンをありがとうございます。以前、何度か質問した事のあるレモンです。冷え取りを中断していましたが、最近、世で言う更年期障害のような症状が出始めたので、又慌てて、冷え取りを再開しました。宜しくお願いいたします。
    私、この秋で還暦を迎えますが、16年程前に子宮体がんの手術をしまして、その後は、まぁ、人並に山あり谷ありの体調だったのですが、めまいや微熱、頭痛、暑さが感じられないなどのオンパレードで。でも、その辺りは何とか耐えられたのですが、今、一番辛いのが鼻が痛いのです。1月程前に鼻の奥?からの膿の匂いに耐えられずに耳鼻咽喉科に行きましたら、副鼻腔炎との診断を受け、薬が出されたのです。でも、飲む気が起こらずに飲まずにいました。鼻づまりや匂いが分からないという事はなく、自然治癒力に任せようかと様子見をしまして、鼻やほっぺたが痛い他は、少し良くなったかと思ったので、1月程前の耳鼻咽喉科とは別の病院で内視鏡で見て貰いました。今回はほぼ鼻の中は綺麗だとの事でした。医者は、もう少し様子を見てあまり心配なら、今度はCTで副鼻腔そのもの?を見た方が良いかもしれないけど、とりあえず今回は薬もナシで!という事になりましたが、鼻が時々もげるのではないかと思うくらい痛いです。これこそめんげんかと思う一方、辛くて思わず投稿です。愚痴ぽくてすみません。

    • こんにちは!レモンさん!
      私も室内の仕事なので外に出ない日も多いです。なので汗も出にくくなったみたいで熱がこもるときもあるんです。トシとると代謝も弱くなるますよね、イヤハヤ。
      内視鏡で鼻の中がきれいだってことで、ひとまず安心ですね。CTは膿の部分は黒っぽくなるけど、内視鏡で見て鼻の奥が綺麗ならたぶんCTでも写らないんじゃあ?。副鼻腔炎はかなり長いこと膿が溜まってなかなか治らないらしいですからね、そういった人は一時的にはやはり抗生物質が必要なのかな?って思ったりします。または漢方にいい薬がありそうですね。抗生物質よりは漢方の店で相談するのもいいね。もしかカラダ(免疫系)が誤作動しているのかもね。
      しかし鼻がかなり痛いのは可愛そうやね。鼻は歯とも繋がてるし歯に原因はないのかな?前歯の深いとこの神経が腐っているとか?。私はコロナ対策もあって、毎日、塩水で鼻洗浄(鼻うがい)をしていますよ。鼻から脳・喉まで塩水が通過するので殺菌にもなりますし、脳も冴えるようです。
      それと確かに暝眩もあるよね。私も鼻の奥から目までがずっと痛い時がありましたもん。これはすっかり治りましたが、かつて環八沿いに住んでて鼻炎の瞑眩でしたね。冷え取りで治るのに1~2年かかったかな。部分だけじゃなく腸も元気にしなきゃあね。
      とにかく我慢だけじゃなく..自分なりに調べて痛みが軽くなるようにしたほうがいいね。お大事にね!

  4. カトちゃん◆ より:

    こんばんは^^
    初めて書き込みさせていただきます。
    ひえとり歴6年目のカトちゃん◆と申します。

    連日のコロナのニュースばかりですね。
    正直、自分にとってはどうでも良いニュースなんですが(笑)
    僕もいそちゃんさんと同じような考えだと思いますが、コロナウィルスも生存するために人間と共存しないといけない訳で、宿主を殺してはいけないのですで既に毒性は弱まってるかと。
    でも変な?ワクチンなんか作ってしまうと、それでウィルスが変異してしまうほうが恐ろしいです。
    結局、一番恐ろしいのは人間なのでは?
    そんなふうに思ってしまう今日この頃です。

    ひえとりやってない人達にはおそらく理解出来ないので、ここに書き込みさせていただきました。

    • カトちゃん、おはよ!コメントありがとう。
      私の今回の記事は世間的にはヒンシュクですよね。なので同調者のコメントは嬉しいです。
      メディアの報道ではコロナ感染者数がどんどん増え、国民の不安を煽っています。感染を防ごうと無症状者も隔離してればすぐに病床もいっぱいで、他の患者を診られなくなります。それこそ医療崩壊ですよね。
      大事なのは重傷者をしっかり隔離して治すこと、それだけかと思うけどね。ここで方針を変えないとヤバイとこに来てるような。以下はPCRについての情報ですがマジかよ!って内容ですよ。
      「PCR検査が陽性になったとしても、実際に新型コロナに感染している確率はわずか6.5%、つまり15人中14人は、検査結果が陽性であっても、新型コロナではない、ということになります。..逆に、新型コロナに感染しているのに検査結果が陰性になる人が30%もいる。」こちらはその記事(佐々木医師のブログ)です
      こんな検査確率では感染者が陰性(実際は偽陰性)になったからって安心して出かける人も出てきて感染が広まるってわけです。すでにそれが起きてるから感染者が増えてるとも言えますよね。もち、PCRは正確だという反対意見もあるけどね。
      いずれにしてもうちらはメディアの報道に振られずに、もうちょっとホンマのことを知ろうとする姿勢が必要ですね。そうじゃないと「疑わしい人は隔離していい」とかの法律も最近できたので、むやみに保健所に行くと..検査結果もまだなのにそのまま隔離されて消毒漬けってことに..。実際にそんな人が身近にいます。
      ほんと、人間の思い込みは恐ろしいです。世間では症状は毒出しじゃなく「症状は病気」ですもん、病人?いえ病気と思い込んで薬飲んで人工毒を溜め込み、いよいよほんとの病気になっちゃう人が増えてく一方ですから、、しかも世の中、聞く耳なしだもんイヤハヤやね。

      • カトちゃん◆ より:

        いそちゃんさん返信ありがとうございます。
        そうですよね。
        コロナの感染者数を数えて何の意味があるんだろう?と思います。
        それによって職を奪われる人が増加することのほうが問題です。

        でもひえとりやってる人にしかわからないのが歯がゆいですね~
        あ!こう思う時点で自分も毒がまだまだ抜けてないかな?(笑)

        • スウェーデンは緩い規制で集団免疫獲得を選んだんだわ。今はこんな感じで(ここをクリック)世界で一番早く収束するみたいね。日本はオクレテルというか、何やってんだか、、要は国民も自立してないし、政府も何もできないし、医師会は儲かるのでワクチンや治療をしたいし、、それで日本はGO TOキャンペーンなんかしつつ営業規制とかもしつつ田舎に帰るなとか、、ハチャメチャやってるんだわ。
          いずれは感染症だし、日本も集団免疫で事がおさまっていくんじゃあ。都会なんてもうそこら中に感染者はいるでしょ。

          • カトちゃん◆ より:

            なるほど~いそちゃんさんありがとうございます^^
            スウェーデンは進んでますね。
            日本も見習えばいいのに。

            GOTOキャンペーンは本当に意味が分からないですよね(笑)

            外出するな~でも旅行してください
            ???(笑)

            日本も遅かれ早かれ
            集団感染で終息はすると思いますが(^▽^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する日記

PAGE TOP