グルテンフリー食の危険性

今回はちょっと本気出して書きますね。

最近は、やたら小麦グルテンが悪者になってて、それじゃ米は良いのか?..ワタシ的には米粉パンなんかは最悪ですね。そもそもグルテン悪者説は..グルテンフリー食を売るためのプロパガンダですからね。それに洗脳されて米粉パンを安心して食べてる人、ちょっと考えが浅いです。こちとら冷え取り歴25年ですからね、何がカラダに悪いか、もうカラダではっきりわかりますから・・。

 

ほとんどの人は昔から取り込んだ毒がカラダの奥に溜まっています。そうなれば何を食べれば良いのか?これをカラダで判断できないわけですよ。でアメリカから数年前に入ってきたこのグルテン情報を鵜呑みして、最近は猫も杓子も小麦は悪い!とか言い出しちゃう始末。これはもうコロナ茶番と同じで、特に日本人は考えないでそっちに動いちゃう。まずは以下の動画が参考になります。

NOVOクリニック龍見先生の動画⇒グルテンフリーは有効か?

友利新先生の動画⇒グルテンフリーは危険

 

そもそも日本人は米も小麦も昔から食べています。

左は35年間もリュックを背負い日本中を歩いて長寿村、短命村の食を調べた近藤博士の大変に信頼できる著書です。これには「米を多く食べる地域の人達は40歳位になるとビクビクしていた..、というのも脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞で病気になる人が多く短命だったからです」とあります。当時75歳の博士は毎日、お弁当持参でパン1枚にチーズをはさみ、卵焼き、煮豆、かぼちゃ、青菜の天ぷら、牛乳が主でした。

 

日本中を35年間も歩いて回って調べた結果、博士の長寿村の食の結論は..野菜、海藻を毎日食べる、豆、かぼちゃ、人参、小魚、それと「麦」を多く取る村です。そして短命村は魚の切り身とご飯食です。白米を毎日食べて野菜が少ない村は脳卒中になる人が多いとのこと..。

米粉のパン、グルテンフリー食に飛びつく人は、そもそも何がカラダに良いのか?カラダでわかってない人では??。情報に振り回されて米粉のパンや白米を安心して食べているうちに、短命方向に歩いてた!ってことに..。情報ではなく毒出しした自らのカラダに聞くことです。

 

ということで、グルテンフリー食は続ければかえって健康被害を起こします。なんだか今のワクチン接種と同じ動きをしていませんか??、考えないで情報を鵜呑するのは精製した米粉パンや白米はかえって血糖値が上がるし腸にも悪いです。冠動脈疾患のリスクが上がる、腸内環境のエサになる食物繊維が不足するので免疫力が落ちる、などがあります。

 

グルテンによるセリアック病は日本人は特に少なく、人口の0.1%、1万人~10万人に一人と言われます。普段、うどんやパスタやパンを食べて下痢や嘔吐を起こさず何ともない人は、全くグルテンは問題ないってことです。それよりも病気は酸化ですから、焼き魚の脂、魚の干物、悪い植物油、添加物、農薬、加工したジャムやお惣菜、漬物、調味料、市販の添加物だらけの白パン、精製した塩や砂糖や粉類、、悪いものはキリなくあります。

 

そして玄米よりも全粒粉は格段に腸が元気になります。玄米はモミを取り除くので食物繊維はさほど多くなく何よりも消化が悪い。便の量が多いのは消化不良のまま排出されているからです。また玄米にはフィチン酸が含まれミネラル排出の問題もあります。もちろん白米に比べればとても健康づくりには良いものですが..。

 

全粒粉には今、毒ワクで問題になっているスパイクタンパクを浄化するグルタチオンも多く含まれ、今食べないでどうすんの??って話です。あまりに短絡的なグルテン悪者説は、もしか闇側の◯◯削減計画な1つなのか??とか思ったりもしています..。実際にカラダに良い玄米や全粒粉パンについてはメディアはまるで報道しませんね。これは意図的なものを感じます。

 

以下は玄米と全粒粉の成分比較です。小麦全粒粉は日本人に不足しがちなミネラル、微量栄養素も豊富ですから元気な細胞が生まれ、そして健康なカラダを維持します。
  成分    玄米      全粒粉

たんぱく質     6.8          12.8

カルシウム   23.0   33.0

カルシウム   9.0      26.0

マグネシウム  11.0          14.0

鉄               2.1            3.1

亜鉛            1.8     3.0

マンガン     2.05   4.02

葉酸            2.7     4.8

食物繊維            3.0           11.2

 

余談ですが..先日、新商品開発で玄米粉のパンを作りました。甘くてもっちりでイケる!って思いましたね。しかし..あとでお餅を食べたときと同じで便秘になりました。売ればこの時期には飛びつく玄米パンですが、これは腸には良くない、と実感して保留としました。

それでもグルテンが気になる方は..グルテンレスの古代小麦のカムット粉、スペルト粉のパンがいいですね。ちなみに私もご飯は胚芽米を食べてますが、夕食は必ず全粒パンです。

全粒パン、野菜やかぼちゃやひよこ豆のスープ、チーズ、青菜野菜と海藻のサラダ、卵などをかれこれ20年以上小麦を食べ続けていますが、毎日お通じもあって元気にやってます。

 

この日記にコメントする

グルテンフリー食の危険性」のコメント(8)

  1. シナモン より:

    私もグルテンフリーについては、以前のいそ姉のプログで初めて知って、今までの洗脳が解けたって感じ。
    というか、餅や白米では便秘もするし体調が悪くなる、いそ姉のパンは便通も良くて胃にも優しいし、体調も良い。毒出しした体に聞いても、やはり全粒粉パンは最強に良い。
    世間で言う情報は、やっぱりどこをとっても人口削減の為の情報操作で、国民を洗脳してるとしか考えられないね。

    • そうだね、米粉パンとかグルテンフリーとか、そこじゃないのよね。
      病気は酸化だし、まずは抗酸化食、次は食物繊維、あと炭水化物もとても大事だし、制限はやめてうどんやパスタも美味しく食べればいいのに..。大事なのは酸化したカラダに悪いものや薬を口に入れないこと、特に質の悪い植物油、加工食、添加物だらけのパン、なんかは怖いね。チーズだってピンキリだしね。もっと浄化してカラダに良いものがわかるカラダになることだね。
      まあ、お~屋のリピーターさんはみんな良くわかっててフツーに買ってくれてるけど、世の中がおかしいんだわ。間違った情報があっという間に広まっちゃう。今度はサル痘ワクチンをしなきゃあ!ってなるんじゃあ。ユーチューバーなんかも良いこと言ってるのに、カラダや食にはアレレ!?ってオンチの人が多いね。

  2. みつこ より:

    いそじさん、おはようございます^^
    今あらためて、口に入れるもんの大事さ、心持ち、免疫力を高め力強く生きることの大事さを感じています。
    6月はじめに母が鬱病で再入院しました。
    近所の病院では精神病等がいっぱいで入れず、家から離れた所に入りました。
    コロナもあり、精神病等は面会ができないようで、自分にできることはないのかなぁ、と考えては過去を見ても、母の愚痴や不満を4〜5時間聞いて、笑顔も戻って楽になったように見えてもまたすぐに落ちて暗い部屋に閉じこもって、、の繰り返しです。
    あぁ、、やっぱり本人の問題で、自分が強くならなきゃ周りはどうしようもないな!って分かって、今は放置していますが、親だからこそ無視もできないし、話をしていっときでも楽になれたらそれでいいか、そんな居場所に自分がなれたらいいな、と思いながらも、話した後は受けなのか、フラフラでまともに歩けなくなります。それを続けると自分もまいりそうです。
    冷えとりをして力強い体になっていても、まだまだの身です。
    親には元気で明るく楽しく毎日を生きていてほしい。
    それが無理な今、わたしが実家に戻って支えてあげるのがいいのか。でも実家には反りの全く合わない兄がいて、父がいて。
    難しいです、いそじさん。
    家族はほんとうに難しい。
    聞いてくれてありがとうございます‼︎

    あ、今日にでもパンを注文したいと思います^^♡

    • 家族も親しければ楽しいけど、依存しすぎれば自立の面で弊害もあるよね。反りが合わない家族だとMUSTで繋がってるようなもんだね。私的にはそもそも魂が地上の制度に縛られるのは実際、不自由で窮屈なんじゃあ、かと言って放置できないのはかつて世話になってきた親だもん、葛藤はあって当然。
      精神が病んで鬱状態の人ってほとんど憑依があると思うよ。なので長いこと一緒にいるとそれ(低級霊の重い波動)を受ける、冷え取りをして浄化されてくると毒受けはキビシイよね。
      なかなか難しい問題だけど、やはり解決は..体液浄化と食だよね。それで腸が甦れば自然とウキウキホルモンが湧いてくるしね。それを病院に入れて薬で処方じゃ、さらに悪くなるし本人も治そうとする気力も無くなるでしょ。
      みつこさんが言うように「今あらためて、口に入れるもんの大事さ、心持ち、免疫力を高め力強く生きることの大事さを感じています」・・もうこれに尽きるでしょ!!。お母さんもこれで治せたら良いんだけど..。これからもめげずに力強くね(^_-)

  3. みつこ より:

    どこまでいっても本人の意識次第なんですよね。
    周りが言っても聞く耳がないと無理。
    母は薬と引きこもり生活でぐったりしていて、改善しようとするエネルギーも失っています。
    母が退院して家に帰っても、食に気をつけたり冷えを気にしたり、サポートする家族が側にいないのも心配。とかいう自分も自分の身も大事とか思う始末です。
    冷静に自分のことを考えてる自分は、ずるいのかな。

    自分のことは自分の気持ちや意識で変えられるけど、
    他人になると、はがゆい気持ちでいっぱいです。
    無知は罪ですね。
    なら仕方ない、なるようになれ、と見捨てれないぶんつらいです。
    私はわたしを元気にします。
    母にできない分を自分にしてあげようと思います。
    ありがとうございました^^

  4. 横浜からです より:

    いそじさん、こんにちは
    (政治の話になってごめんなさい)
    私は、武田邦彦先生などがいらっしゃる参政党が好きなのですが、吉野先生も小麦が悪い、と仰ってます。
    海外の小麦はものすごい農薬をかけていて、日本に輸出するときも大量の薬をかけて、日本では添加物をいっぱい付加している、とのこと。
    また、小麦は、本来外国産で、日本産の小麦は品種改良して日本の風土にどうにか合わせたもので、日本人には合わない、とのことです。

    私は、いそじさんの話をずっと聞いていたので、この点は疑問を持っています。
    スーパーやコンビニの食パンや菓子パンがまずいのはよくわかりますが、国産小麦の全粒粉、天然塩、水、天然酵母で作ったパンは、体に良いと思ってますが、いかがでしょうか?

    • まず農薬ですが海外よりも日本の使用量の方が多いですよ。日本は当たり前に農薬を使いますから。またずいぶんと前から空からも怪しいものを散布していますよね。ケムトレイルもそうですね。私もいろいろ国産小麦粉を調べたのですが、有機以外はほとんど農薬を使うか、栽培中のみ不使用ですね。また少し前に記事にしましたが福島の原発の放射性物質も今も空中に出ているようで、これは武田先生が話してましたね。日本は何も国民に知らされていませんからね。国産は余程注意しないとね。
      なので私は国産小麦よりも海外の方が安全と思います。スリランカに行った知人がどこに行って食べてもほとんどオーガニックって言ってましたね。日本は吉野さんも言ってるように、農薬の規制は海外に比べるとかなりゆるく、むしろ政府は意識的に海外で禁止されている農薬やら添加物を多く使わせているようですね。詳しく書きませんがこれも何か計画があるのでしょうね。
      またスーパーなどで売られている大手メーカーの輸入小麦の燻蒸はもちろん危険です。お~屋で使っている有機の輸入小麦は、燻蒸が禁止されています。有機はかなり厳しい規制で他の輸入小麦とは別に管理されて輸入されます。ですからそういう面でも有機の小麦は安全ですが価格が高くなります。
      参政党は盛んに食を言っていますが、問題は添加物や農薬や薬や医療の問題を言うべきかと思いますよ。小麦も大昔から食べてますし、人類最古の栽培食物です。日本では紀元前1世紀~4世紀の弥生時代から食べていますよ。なぜ小麦なのか??、なぜ米なのか??、神谷さんも食べるなら米粉パンとか言ってましたけど??、健康はそこじゃないだろ??って思ってしまいます。食を言うならオーガニック食やら有機食品のことも付け足してほしいですし、もう少し柔軟な広い観点から見てほしいですね。
      ということであとは個々の判断ですね。

      • 横浜からです より:

        詳しい返信をありがとうございました。
        海外の有機小麦の方が国産より安全、よくわかりました。

        神谷さんが米を推奨しているのは、自給率を高める、食料安全保障の観点もあるように思います。

        これからも、いそじさんのブログ拝見させていただきます。
        本物の情報発信、感謝しております。
        どうぞ、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する日記

PAGE TOP