ねんどのシンプルジェル

  • 32-c8_sk-liv

  • 製品の仕様

    品番:32-c8_sk-liv

    素材:

    水・モンモリロナイト(粘土、吸着)・グリコール酸(ph調整用果物酸)・フェノキシエタノール(防腐)カプリル酸グリセリル(防腐)

    色:

    無着色

    内容量:

    300g

    ご注文

    在庫状態 : 在庫有り(在庫数:4)

    販売価格 : ¥1,000(税別)

    ご注文数  個

    【1万円以上お買上げは送料サービス、2万円以上お買上げは送料&代引手数料サービス】

商品の特徴

手作り化粧品の基材に

 

  • 国内産の良質な粘土(ナトリウム・モンモリロナイト)と、精整水ブレンドしたねんどのジェル
  • ペーハーコントロールのための果物酸と、最小限の制菌剤以外は入っていません
  • ねんどには、水分と油分を混ぜ合わせる乳化作用があるので、精油や植物エキス、オイルを使った「手作り化粧品」のベース(基材)として最適です
  • 昔からのねんどの使用法として、このまま洗顔や、洗髪にも活用できます。入浴剤としても

 

※手作り化粧品の保存は冷蔵庫で2~3日を目安に使いきって下さい。

クリックすると、より詳細な説明が表示されます

粘土(モンモリロナイト)=溶けた岩石(マグマ)

地質学の定義ですと、岩石の粒子の大きさが、1ミリの500分の1以下 (それ以上は、砂、礫)を粘土と呼びますが

実は、粘土は、岩石が長い時間 をかけ風化や熱水により加水分解してから再化合した、岩石とは、まったく 異なる「結晶鉱物」なのです。

 

粘土のこと

この「粘土」と呼ばれる「鉱物」は、地球の鉱物のうちで、唯一の「水を 吸う鉱物」。

この水を吸う特性は、生活の様々な場面で役立ってきました。

女性にとって、一番、なじみがあったのは「髪洗い粉」。びんつけ油や老廃 物も吸着してくれ、せっけん以前の洗髪料として日本女性の必需品でした。

ちなみに、傷や湿疹のできた山の動物たちも、粘土でぬかるんだ通称「ベト場」 で転げまわって患部に粘土をこすりつけ、「治療」をしてきました。

もちろん現代でも、建材、紙、塗料、プラスティック、食用油やお酒の精製、脱臭剤、さらには油井の掘削、放射性廃棄物の保管、などに脇役として活躍・・・

もちろん化粧品にも、水吸う力を利用して増粘剤として・・・など「1000の用途」に使われています。

 

モンモリロナイトのこと

ところで、地中の溶けた岩石・マグマが、大昔の火山の爆発で火山灰になり、

堆積後、超長時間かけて、加水分解し、再化合したのが、モンモリロナイト。

粒子の大きさは、粘土の中でとても小さく、1ミリの5000分の1!

ウイルス並みの微粒子で、その表面積は1gで800平方メートル、層状の結晶からできていてその結晶層間に、大量の水を吸う能力があります。

 

なぜ、粘土が(モンモリロナイト)が、化粧品にふさわしいのか?

鉱物なので、安定的。また、粒子がとても小さいので、肌にとてもよくなじむ。

さらに、結晶の層間に成分をたくわえるので、酸化や腐敗を起こしにくい。

 

1.乳化作用

層状の結晶「層間」に水を吸いこみ、自分の10~20倍近く大きくふくらむと、 水以外の多くの有機物 (オイルや保湿成分)も、結晶層間や周囲に吸着。

界面活性剤なしでも、なめらかに「乳化」し、肌に、よくなじんでシットリさせる。

層状の結晶「層間」に水を吸いこみ、自分の10〜20倍近く 大きくふくらむ

 

2.バリア機能

粘土の層状の結晶は、乾くと薄い皮膜となり、肌のバリア機能を高めてくれる。そのため保湿効果が長く維持できる。

 

3.吸収吸着

粘土の結晶は表面がマイナスに帯電しているため、プラスに帯電した物質を「吸収・吸着」させる力をもっています。

酸化した皮脂や古い角質、細菌などはプラスに帯電しているため、粘土はこれらを「吸着」して取り除きます。

カテゴリーから選ぶ

  • 冷え取り用品

    冷え取り用品の写真
  • オーガニックフード

    オーガニックフードの写真
  • ナチュラルサプリ

    ナチュラルサプリの写真
  • 自然化粧品

    自然化粧品の写真
  • 洗剤

    洗剤の写真
  • 雑貨

    雑貨の写真
  • オーガニックコットン

    オーガニックコットンの写真
  • 書籍

    書籍の写真

PAGE TOP