ゆるの実践・・その①

ゆるの実践とカラダがどう変ったか?って誰かのリクエストでなかなか時間がなくて、、それと始めたばっかでまだ劇的変化はあるわけないし、書くのもちとおこがましいし、、ま、今の状況とゆるについて掴んだことをを書きますね。
「寝ゆる黄金の3点セット」はもう根本のゆる体操で、毎日の実践や本を読むたびに、ホンマに素晴らしいもんだってわかって来た。冷え取りもそうだけど造血だけじゃ半分で、あとの毒出しで本来のカラダになれるわけで、その裏表の見方が大事なんですよ。だから何度も書くけど、、食養にハマってピリピリやってるとかえって邪気でで固まっちゃうわけよ、一方に片寄るからでしょ。。
ゆるも高岡氏によれば「裏」の体操だそうで、裏の深いとこの筋肉のインナーマッスルを動かすことで反対側にあるアウターマッスルがより本来の動きを取り戻す、、またそれによって背筋が伸び、センターが通り、本来の身体意識も形成される、、と。結局、「これがいい!」てのはなくて、、あれこれが混じり合って繋がってて本来の姿なわけですよ。冷え取り教になったら固まるんです。
ココロも流れて混じり合って喜怒哀楽があってまんまで完璧にできてるってことやね。あの苦しかった毒受けも混じるってことなんですよ。毒を受けることによって身もココロも免疫がつき、「本来の人」に近づけるってことでしょ。すべてが自然の動き、それを矯正したりなんかすると、どこかがブレてくるってことなんよ。なんでも肯定すりゃいいわけで、うちらはそーゆう「法則」の中で育てられてる、みたいやね。。
ちと本題からズレるけど、正観さんの本を読んだら「額にシワを寄せるだけでもダメ」って書いてあって、、そればっかは納得できなかった。神様は人間に額のシワ(皺び筋)まで創ってくれてるのよ。笑ったり怒ったりできるよーに。。で、いい加減怒ったりグチったりやってると、なんだか罪悪感が湧くでしょ。「あんま怒っちゃよくないな、丸くなろう!」って。人に言われなくてもそーゆう気になる。怒るからもっと丸くなろう!って自然となるわけですよ。何度もやってるうちに懲りて丸くなる。そう、凝ってゆるむわけです。なので、話をもどせば、毒があって甦る、邪気も正気も、裏も表も、、実は仏性ってなのよね。
で、身もココロもゆるみむから緊張できる。高岡氏はそれを科学的に解いた。ゆるは、日本人のほとんどが固まってるから、逆のゆるで本来の元気なヒトになろう!って話なんですよ。固まるとは緊張であり、固定観念であり、冷えであり、病気であり、ウツであり、また傲慢だったり、自信がなかったり、自分を責めたり、怯えたり、やる気が起きなかったり、人嫌いだったり、これってカラダが固まってるからで、筋肉をゆるめれば誰でもいい人になれるって言ってるわけでしょ。もう究極やね。
「ゆる」で体幹が矯正され、地と天を結ぶ中心軸・センターだってできちゃう。。センターは「とてつもなく大規模な意識」だそうで、、それが本来の自分なんです!誰もがです。何をするにも喜びが湧き、爽快で周囲がよく見えるそーな、、スゲー話でしょ。したら戦争もばからしくなるでしょ!ま、冷え取りもワタシ的にはそこに行き着くって思うわけで、、いえ、うちらはそーゆう方向に育てられてるんでしょ。ゆるも冷え取りも自然の動きなんですもん。。
で、裏表だったっけ。すんません、ちとそれたけど、タオ指圧の遠藤喨及氏も同じこと言ってる。「アザが出来た場合、反対側をなでるとアザが消える」と。実はいつだったか膝をひどくぶつけた。「イテテテこりゃぁお皿が割れたかな!」ぐらいに痛かった。真っ赤に腫れて、、そんですぐに裏側をなでてみたらアザも痛みも即、消えちゃった!ぶつけて間もなく治ですがな。。いやいや知らないことってまだたくさんあるんやねぇ、って思った次第(捻挫もすぐに捻ったのと反対側に曲げると治っちゃうよね。これは以前からやってたけど)。。なので、、なんでも裏と表をやれば大当たりなんですよ。ジャバは裏と表の両極を見て生きねばいかんわけよ。見えない世界と見える世界、、善と悪、、カラダとココロ、張りとゆるみ、二つに見えて実は同じもん、一つなんよ。それを意識すれば「いい方向」に行けるみたいです。
って前置きだけでこんなんなっちゃったし、、本題に行かないまま終わっちゃうやんけ。。で、筋トレやエアロビクスやジョギングではアウターマッスルが鍛えられるけど、内面がゆるんでないとかえってカラダの表面だけが固まってしまうそうで、そうなればココロも未完成のまま固まっちゃうって話です。柔かさや温かさがなく高飛車、傲慢、意地悪、、の身体意識になるそうです。要は、、裏をやって初めて心地いい状態、または本来のヒトになれるってわけです。なのでワタシとしては冷え取りにゆるも混じってここんとこ、安定状態です。
だって、千島学説では確か、「健康とは気・血・動の調和」って言ってるわけで、、気(ココロ)と血(カラダ)は冷え取りでOKなんだけど、動はなんとかしなくちゃぁ!ま、仕事でかなり動くし、、それでいいんじゃぁ、ぐらいに思ってたら、ヤバかった。現代に生きてりゃストレスはあるし邪気もできるしココロは緊張をするしカラダは凝るでしょ。やはり積極的にゆるめるってのも大事ってわかったし、今まで不足していた「動」に出合えたよーな。。
ごめんなさいです(-_-;)
(^^ゞ(__)
ウェーンエンエンエン、
この本のいい話や最近のカラダの状況を書くつもりが、、打ち込んでたらこーなっちゃったし、、なんも書いてないし、、でも「裏表の見方」って大事だし、ま、いっか。また次回ってことで、そんじゃまた~~

この日記にコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する日記

PAGE TOP