いそじ流健康の秘訣・・その3(集大成)

健康になるには..まずは溜め込んだ毒を出すことです。なぜかと言えば..毒が溜まっていれば食べちゃいけないものがわからないからです。何を食べても反応しないのが健康じゃないんですね。これだと一部の毒がカラダの深いとこや脂肪組織に溜まって行きます。これは並大抵のことでは出てきません。最後は内臓が正常に動かなくなって重病になります。幼いころから溜め込んだ薬や添加物、酸化物、大気汚染、心の毒などの毒は誰にでも溜まっています。

 

それで毒は風邪や頭痛や湿疹などの症状や汗や排泄で誰でも出ています。そう、風邪は病気ではなくて毒出しの浄化なんですね。ですから毒は冷え取りをしてない人でも常に出ていますが、深いところの宿毒は滅多やたらに出てきません。それで冷え取りの少食、重ね履き、半身浴で少しずつ毒が表面に出てくるようになるんです。特に絹とウールの重ね履きは凄い威力です。私の経験では2年ほど経ってカラダは毒出しを優先するモードになって、その後は一気に出てくるようになります。長いこと溜め込んだ毒ですから、カラダは負担ないようにゆっくり出しますがそれでも暝眩はキツイです。

 

ですから毒が出るまで数年~十数年とかかるし、5~15キロも痩せる人もいます。これが実は毒出し大成功の状態です。普段から薬も飲まず、食にも気をつけてればこれほどの暝眩にはなりません。私は無茶苦茶でしたから。で冷え取りをする前から毒出しが恐くてできない、またはせっかく始めても症状が出ると大騒ぎして病院に駆け込む人もいます。まずは「症状は毒出し」..これを理解しないといけませんね。毒出しで弱って当たり前、だからといって毒出しを越えるには個人差もあるので自分に合ったペースですることですね。ゆっくりでいいんです。それと同時に心の持ち方、運動、食などの生活習慣を見直して行くことで本来のカラダが甦ってきます。

 

世の中はAI時代に移りつつあって、治療もどんどん人工の方向で進んでいます。冷え取りのような自然療法がまとも!って思っていたのに、最近は取り残された感さえあります。書くのをやめようか、迷うこともあります。でも冷え取りに出合った当初からこのいそちゃん日記を読んでいたら、もっと近道できたのでは?って思います。なので書かずにはいられません。当時は手探りでしたからね。そして25年経って、やっとこのカラダで最期までイケる!って自信が湧いてきたところです。ですから長かった毒出し体験の集大成を公開します・・。

 

冷え取りをとことんやってわかったことはたくさんありますが、すべての健康法は手放すためにあるってこともわかりました。もちろん治療も医者も手放すことです。最終的にはカラダ力にお任せして生きること。まあ、自然界じゃ当たり前のことですよね。人間界は過保護と言うか、具合悪けりゃその部分切除、機械じゃないのに部分を修理して完治とするわけです。全身の毒が原因となって部分に症状が出てるのにです。それで毒出しが進むと最終的に腸が元気になって毎朝決まってお通じです。そうなればしめたもんで、腸にいい食もわかってきます。また部分に出ていた症状も全部治ります。心持ちもどっしり構えて生きられます。なんたって安心感が湧きますから。これはもう体験してないとわからないことです。

 

健康法を手放す話からそれましたが、ですからずっとずっと死ぬまで重ね履きに頼っていてはダメで、何のための冷え取りなのか??..それは身一つで、カラダ力で生きられるようになるためなんですね。杖はいつか手放さないと一人歩きできませんからね。いつまでも過保護は最終的には弱くなるということです。暝眩中の人もこういったことを頭の隅に入れて毒出しをがんばってくださいね。

 

とにかく重ね履きをして日常生活をしれば毒出しができちゃうわけで、これはもうやらなきゃ損です。こんな合理的な、しかもまともで心地いい健康法はないと思いますよ。はじめての人は..絹とウールの二重編みの五本指靴下(こちらがおすすめ)と先丸ソックスシルク&ウール靴下(暖かで丈夫でおすすめ!)の2枚で充分毒出し効果があるのでゆっくり始めてみて下さい。  ではでは..また数日中にはその4もアップするので読んでね。

 

 

追記・・

私も普段は上記の2足です。それで寒くなると間に冷えとりの里シルクウール3枚目の先丸を履いてます(こちらはバラ売りもしています)。靴下は一年中、排湿性と保温性の高いシルクウールでいいと思いますよ。

かつてはたくさん重ねていましたが、今は最高でも二重編み3枚です。過去の暝眩はもう出ないので、どちらかと言うと保温のために履いてます。あとはレッグウォーマーや冷えとりスパッツSWも冬は履きます。今の私にはお腹やふくらはぎを温める方が大事みたいです。あと真夏はエアコンを使わないので5本指のみで働いてます。

この日記にコメントする

いそじ流健康の秘訣・・その3(集大成)」のコメント(13)

  1. いそじさん、本当に貴重なメッセージをありがとうございます!

    今も引き続き瞑眩の真っ最中で、私は婦人科系疾患があるため不正出血が続き、かれこれ8ヵ月にもなり、そのためいつも病名を思い出さされて、いつも処置をし続けなきゃいけなくて、うんざりしかけることもあったんです、実は。

    さらに肌が排泄器官だということを思い知るような、ニキビ肌あれが2か月くらい常に続いています。これもつらいです。

    ですが…!出るほどに体の中から蘇っている、生まれ変わっているという意識が、いそじさんはじめ、冷え取りの先生の著書諸々のおかげで根付いたことは、ありがたい!心だけはいつも軽やかです。笑。

    にしてもいそじさんの瞑眩の歳月を思うと、甘えたこと言ってられないと自分にカツを入れてしまいます。

    今は信頼置ける鍼灸の先生のところだけ通い、標準治療、病院通い手放しています。

    いそじさんがおっしゃった、死ぬまで靴下を履く体ではない、目指すのは身一つで生きていける体力をつけること、に激しく共感し、それを実現されているいそじさんの存在に励まされています!

    長くなりました、いつもありがとうございます♡

    • うんうん、すっかり「症状は毒出し」が根付いてますね!これが一番大事で、意識がそうなれば確実に元気になりますよ。私だって最初は毒出しさえ知らなかったしね。年配になっても暝眩を知らずに病院通いで、あげくは検査の数値に怯えてる人が多いですから可愛そうになりますよ。
      あとニキビ肌はとにかく植物油を酸化しないバターやギーに変えることですね。ココナツオイルも抗酸化で炒め物にいいですね。油を徹底すれば腸も肌もきれいになります。
      まあ、毒出し中はどこもかしこも症状が出くるので見つめてるしかないですね。確実に軽くなって行くのでがんばりましょ♡♡

  2. ハート より:

    いそじさん、こんにちは。いつもブログを楽しく拝見させていただいております。

    現在冷えとり歴丸2年、靴下重ね履き、毎日半身浴60分を継続しております。
    今月に入り、突然不整脈(期外収縮)が出るようになり、息が詰まる感じが辛く循環器科にかかりました。回数が多いので症状が気になるのであればアブレーション手術も出来る、そのまま放置しておいても大丈夫、という診断でした。
    症状が楽になる薬を一応いただきましたがまだ飲んではいません。
    食事に関しましてはあまり気を使っていないのですが、冷えとりを始めてから食べ過ぎた時や白砂糖をとった次の日に身体に反応が如実に現れるようになりました。
    めんげんで不整脈が出る事もありますでしょうか??

    また、野菜を毎日なかなか食べられず現在藻のサプリメントを摂取しているのですが、いそじさんは栄養を食材からサプリメントで摂る事についてはどう思われますか?
    質問ばかりしてすみません。

    いつもブログですごく助けられています。
    本当にどうもありがとうございます!

    • 不整脈は場合によっては誰にでも起こるし、手術なんてやめましょ。原因を見つけないで簡単に手術を進める医者もやめたほうがいいですね。それで..藻のサプリが不整脈と関わっているんじゃあって思うけどね。ヨードは不足もとり過ぎもダメで甲状腺機能が低下して心臓がドキドキしたり不整脈が出るんだわ。このことは日記にも次回書くつもりでした。あとカフェインもドキドキして手が震えたり不整脈になるよね。
      あとハートさんはミネラルが足りてないよね。なんとなくそう思うんだわ、特にマグネシウムが。豆は毎日食べてますか?マグネシウムは心身ともにとても大事な栄養素でココロも安定します。ストレスにも強くなって自律神経からくるドキドキもなくなるしね。それとサプリが必要な場合もあるけど、やはり微量栄養素も全部入ってる豆や野菜全体を食べることですね。大事な葉酸もとれるし、こういった食を2~3年と続けてればカラダがまるで違ってきます。私はサプリは精製加工したものと同じように見ています。特に一部の栄養素だけ強化したものはかえってカラダのバランスを乱すと思います。まあ、弱っているときにはプラセボ効果は大きいよね。
      冷え取り2年ではちょうど毒が表面にたくさん出てくる時期なので、毒出し時は甘いものも欲しくなるし、食も乱れるけど..まずは食生活を見直しましょ!!。野菜や豆や芋類やらを食べてればカラダは必要な栄養素は全部合成してくれますからね。卵やチーズもいいですね。
      口から入ったものが血になり細胞になりカラダになるわけですから、おかしい症状があれば食による原因が大きいです。そこんとこをカラダと向き合って考えて行きましょ!!。今の自分のレベルでいいんです。私もそうやって来ましたから。毒出しが進めば徐々に食も変化するのでね。
      ということでヨードは不足しても甲状腺機能が低下して甲状腺ホルモンも減少するのでホドホドがいいですね。藻のサプリはやめるか少しにしましょ。ちなみにヨードが多いのは昆布類なのでこれも食べ過ぎに気をつけましょ。

  3. みずたま より:

    いそじさん、こんにちは。
    いつもブログ楽しみにしています。
    わたしも2年目以降(特に4年目だった昨年から、今も…)激しいめんげんで、身も心もボロボロ。
    でも不思議と、病気ではなくめんげんだと感じることができるので、病院に行くことはありません。
    むしろ「めんげんが起きるなんて、健康かも?!」と前向きな気持ちにすら、なれています^^
    ここ数年は食に気をつけていましたから、そろそろ体を作り直したい。
    ヨガを始めるつもりでいます。
    筋肉がつけば、体調がさらに良くなる予感がしているので…!

    ここ最近の悩みは、心持ちについて、です。
    安心感のなさや心細さに悩んでおります。
    誰といても、何をしていても、心にぽっかり穴が空いているような気分です。
    いそじさんは、毒出し中に心が不安定になることはありましたか?

    事情があって、新しい働き先を探さなくてはいけないのに、やりたい仕事やできそうな仕事がありません。
    どんな仕事も無意味に思えたり、頭でっかちな職場の人がいたら嫌だな…、むずかしい仕事はできないし…など、悶々としてしまって、前に進めず、そんな考え方をしてしまうことにも自己嫌悪。
    自己憐憫はやめて、もっと軽やかに生きたいのに!と思います。
    冷えとりを続けて、心持ちがどっしりすれば、そんな悩みにも対応できるようになるのでしょうか?
    まだそんな自分が想像できなくて、少し不安です。
    でも心のずっとずっと奥で、「大丈夫」だと感じる、なにかきらめきのようなものを感じることもあります。
    今はただ、それを信じていたいです。

    今回の記事の続き(その4)も楽しみにしていますね!
    いつもありがとうございます*

    • 暝眩に慣れてきたみたいね。
      そうそう、4~5年目なんてこれでもか!ってくらいにカラダは容赦なく毒出しをするんですよね。マジで死ぬのか?って思いましたもん。その時は辛くて生きたいのと死にたいのと半々ぐらいで、恐怖はまるでなくて..ど~でもエエってなりましたね。ただ楽になりたいだけでした..。
      辛いけど暝眩じゃ死ねないんだなって思いましたね。カラダがちゃんとそこんとこは考えてやってくれてるみたいです。「逆らわずにお任せしてればいい!」って思いましたね。これが毒出しが早く終るコツですね。こちとら死ぬ予行練習もできたし、キモが座りましたがな。たぶん、いや間違いなく..毒出しを越えると死は楽で自然なもんなんだ!っわかりましたね。死が苦しいのは人工治療のせいと思いますよ。ってまるで関係ないこと話をしちゃったね、つい成り行きで..すまんです(^_^;)

      でなんだっけ?質問は??。仕事のことと先々の不安や自己嫌悪とかやね。これは私もありますよ。先の不安は1億円でも当たれば解決よね。で、先々のことは「大丈夫」よりも「軽くイメージするとこ」ですね。そうすると自然とそっちに行くんだわ。否定せずに軽く思っとくとこれがカタチになるんですよ。私はそれでずっとやってきて今に至ります。まあまあ思いの通りになってます。でもお金のイメージをしなかったのでお金がないです。これからはイメージしようかな。
      あと仕事は私には生き甲斐です。これがなきゃあ健康じゃなくなるぐらいに大事かな。あと人としても成長するしね。みずたまさんは独立心がある人なんだわ。使われて安心する人もいるけど、私だって職場で使われるのを考えれば悶々としますよ。嫌なヤツもいるしね。以前は職安なんかに通ってたことはなんか悲しくなったもん。かと言って勤めればどこもダメで、どんだけ仕事を変わったか..。それで最後は浄水器で起業したんだけど、お金になんなくて..毎日パチンコやボーリングして遊んでましたよ。まあ、長いことやってたらパン焼いてた..みたいな(^_^;)デヘ
      すみません、またしても暴走してしまいました。私も冷え取り5~6年目ぐらいだったかココロの毒出しも重いのがありました。これはじっと見つめてるしかなかったですね。それから何をしてもココロが満たされずに悶々とした時期もありました..。いくらもがいても過去も未来も実際にはないんだわ。あるのは今の心しかなくて、それが念なのよ。そう、考えること思うことのすべてが念なのよね。だから今の心の状態が明日を創るわけですよ。念じれば花開く!これって本当なんだわ。自分とは自然の分身ですからね、わからない力があるみたいね。とにかく辛くても今すぐ死ねないわけだし生きるっきゃないし、要らない気持ちを削ぎ落として前に進むっきゃないのよね。
      あと今は秋ですよ、秋は寂しさや心細さが湧く肺の毒出しですからね、外の葉っぱと同様にココロが落ちるんだわ(^_-)

  4. ハート より:

    いそじさん、お忙しいなか優しいお返事を誠にありがとうございます。大変感動、また勉強になりました。

    おっしゃる通り豆類をほとんど食べておりませんでした。マグネシウムも全然摂れていないと思います。
    サプリメントは一旦おいておいて豆類と野菜を意識して少しずつでも食べていこうと思います。

    昨日、肝心な事を記載し忘れていました。
    いそじさんの過去の記事を読み、毎日飲んでいたコーヒーを飲むのをやめてから不整脈の回数が減ったんです。
    医師からは特にそういった事に関する助言はなかったですし、もし読めていなかったらあのままコーヒーを毎日飲み続けていたと思います。
    本当に感謝です。

    こちらは北海道ですがかなり寒くなってまいりました。
    これから益々寒くなるシーズンですがいそじさん、皆様どうぞ御自愛下さい。
    いつも本当にありがとうございます。

  5. みずたま より:

    さっそくのお返事ありがとうございます!
    死は自然の一部だというお話、ぐっときました。
    少なからず死は苦しいもの、こわいものだと思っていたので、これも固定観念なんだと新たな気づきを得た気がします。

    仕事や先々への不安についてのご回答、とても参考になりました。
    ずっとどうすれば「大丈夫」になるのか考えすぎていたように思います…!仕事も「軽くイメージ」して、いそじさんみたいに生きがいを見つけたいな。
    それにしても浄水器を販売しながら、お金にならないからパチンコやボーリングだなんて、意外だけれど、人生を楽しんでる!気がして素敵ですね^^
    それがいまやパン屋さんなんですから、変化がおもしろい!
    わたしもいろんなことに挑戦してみたくなりました!
    そのなかから、いそじさんがパンを焼き始めたように、なにか芽がでるものがあればうれしいです。
    会社に頼らず、ひとりの人として力強く生きていきたい、前に進んでいきたいと思います*

    それにしても季節は密接に体に関係しているようですね。
    ご指摘のとおり、肺の毒出しか、気持ちの落ちとともに、鼻水が止まりません(^^;

    長野はそろそろ寒さが厳しくなる季節でしょうか。いそじさんも、どうぞご自愛くださいね。

    • その後があるんですよ、、
      浄水器は売れ出して販売数が販売業者の中でトップになったんですよ。かなり儲かったてました。水としてはなかなかのもので人気だったけど、高価な割にはステンレス容器に蛇口と電極がついた見るからにちゃっちいもので、発送のたびに気が引けて気持ちが良くないんだわ。それでやめちゃったんですよ。
      まあ、職は若い頃からかなりいろんなことしたけど..やっぱ妥協じゃなくて納得行く仕事がしたいよね。今の状況を手放して変化するってのは不安も湧くけど、大事なのは納得行く方向に進むことですね。
      おかげで今にたどり着いたわけで、冷え取りにも出合えて売ってる全粒パンだって食べられるし、いいお客さんばっかだし、ここまで来るのに何度落ちたか数え切れませんね。てかまだこれでオシマイじゃないけど..。
      という話なんですが、カラダも仕事も人生も選んでるのは自分ですよね。みずたまさ~ん、少しは参考になりましたでしょうかね。

  6. みずたま より:

    儲かっているけどやめる。納得できる方向に進む。決してお金だけを追いかけていては、実現できないことですよね。
    いそじさんのおかげで「気持ちよく生きたいから、気持ちよく働きたい!」という思いが強くなりました^^
    (お金も必要なので、それもイメージしつつ…♪)

    いまいろいろ八方ふさがりになっていますが、それを選んだのは、自分ですよね。
    まだ手放す勇気がないことも、自分の判断。
    悶々とする日は当面続きそうですが、こんな漠然とした相談にも、きちんと答えてくださるいそじさんに感謝です!

    もっと軽やかに、納得できる道を歩むことを意識して、生きがいになる仕事を見つけたいと思います*

  7. いそじさん、こんにちは。
    いつも日記読ませて頂いています。

    私も、いそじさんと同レベルの酷いめんげんを体験し、何度も心が折れそうになりながら、乗り越えてきました。
    今は、毒がほぼ抜けて、若干の毒受けがあるくらいですが、長期間に渡る激しいめんげんを乗り越えられたのは、いそじさんの日記のおかげです。

    本当に苦しい時、心の支えにしていました。

    いそじさんの言うように、今はもうAIの時代になり、体に貼るだけで体内の情報を一瞬で書き換えてしまうパッチや、体の中にICチップを埋め込んで、細胞を自由にコントロール出来る時代になっています。

    もはや毒出しなどを体験することもなく、一瞬で体内データを書き換えて治ってしまう時代。
    日本でも、あと10年もしたら、当たり前に実用化しているかもしれません。

    しかし私は、18年にも渡る壮絶なめんげんを死にそうになりながら乗り越えてきて、それを体験出来て本当に良かったと今では思っています。

    そのうち、自然療法なんてなくなってしまうのかもしれませんが、本当の人間力という意味では、やはり冷えとりは最強であり、こういった貴重な情報を残してくださっている、いそじさんに感謝しています。

    本当にありがとうございます。
    集大成シリーズ、今後も楽しみにしています。

    • そうですね、体液が変われば体内状況あは一瞬で変わるでしょうね。
      だけど..カラダの自然がやることを完璧に科学・人知がやれるとは思えないな。想像できるのは..人間がIT医療でロボット化する時代は来るよね。あっちもこっちも書き換えて人らしさも温かさも薄れて無表情とかね。最期はチョー楽にあの世に行ける..みたいな。どっちを選ぶかやね。
      でも今の私は..自然のカラダをデータ書き換えで治ると考える人間の思い上がりも相当なもんと思うけどね。科学は自然を越えられるのか??自然そのものにはなれないって思うけどな。あとでとんでもないシッペ返しがくるような..。かずさんの壮絶な暝眩も決して無駄にはなんないと思うけどね(^_-)
      命の尊さとかは薄らぐ時代になるでしょ。もちろん毒が溜まって動かなくなったカラダがIT医療で負担なく回復させる技術はいくら進んでもいいけど、、やっぱ治癒力は科学ではつくれないんじゃあ。
      とか言ってるけど..これも固定観念なんだけどね。そう言えば..かつて冷え取り教で歯もなんとかなる!って思ってて今はと言えば..上下両方の奥歯がないんですよ。かつての美貌が台無し(T_T)、、アゴの骨もやられてインプラントもダメ。こーゆうのは一瞬で治る時代も来るのかね。
      まあ、しばらくはどんなIT医療時代になるのか??興味深く見つめて行きたいですね。実は..これからくるAI時代もどうなるか??案外興味あるんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する日記

PAGE TOP